ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

⑦日本とハワイとの不動産ライセンスについて

⑦日本とハワイとの不動産ライセンスについて

写真上:会社への営業許可証 下:社主への個人営業許可証

今回は、日本とハワイとの不動産エージェントの大きな違いについての話です。

  • 日本では「宅地建物取引士(いわゆる宅建です)」の国家試験を通って、資格を取得すると、日本全国どこでも営業をする事が出来ます。
  • 一方、アメリカでは、ご存知のように50の州があり、それぞれが国のような成り立ちなので、不動産ライセンスについても、それぞれ独立していて、ハワイ州で取得しても、カルフォルニア州やその他の州では、営業する事は出来ません。
  • 営業したい州が幾つかあれば、それぞれの州のライセンスを取得しなければなりません。
◆ハワイ州不動産ライセンスの特徴

ハワイで「不動産ライセンス」を取得したからといって、「毎年」不動産の仕事はできません。
ライセンスには「アクティブ・ライセンス(営業許可)」と「イン・アクティブ・ライセンス(休業許可)」の二通りがあります。
仮に、もし、私がここ数年間、不動産業を休業する場合、ハワイ州に「イン・アクティブ・ライセンス」として登録を切り替えます。そして営業を再開する場合は、「アクティブ・ライセンス(営業許可)」に登録し直さなければなりません。
更に、「アクティブ・ライセンス(営業許可)」は、2年毎に更新する必要があり、不動産業者の「質」を保つために、「継続用クラス」と言う授業を20単位受けなければなりません。
受講後に「証明書」をもらい、偶数年の12月30日までに、ハワイ州のライセンス局へ届けを提出し、「アクティブ・ライセンス(営業許可)」をハワイ州からもらいます。

◆不動産エージェントが仕事をするには、不動産会社に籍を置かなければなりません。(セールスマン・ライセンシーとブローカー・ライセンシー両方共)

営業許可ライセンス保持者が、正式に活動するには不動産会社に「籍」を置くことによって、不動産の仕事に法律上携わることが出来るのです。言い換えれば、昨年不動産の仕事をしていたエージェントが、必ずしも今年、法律上不動産の仕事をしても良いとは限りません。去年の名刺をハワイもしくは日本で使用していても、今年の「営業許可」を持っているのかどうかを見定めることは大変難しい事です。

◆ハワイの不動産エージェントは、2年毎に発行される「営業許可カード」の携帯を義務付けられています。

各不動産エージェントには、営業可能期間が示された「営業許可カード」が、2年毎にハワイ州より発行されます。この「営業許可カード」の提示を要求することは、日本では到底考えられないと思いますが、アメリカであるここハワイでは、お客様がこの「カード」の提示を不動産エージェントに要求することは、全く失礼に当たりません。
もし、エージェントに不安を感じるような事があれば、名刺だけでなく、「今年の営業許可カード」を見せてもらう事も安心の手段です。特にハワイでは、不動産エージェントが所属先会社を次々と移動することは一般的であり、その度に名刺が変わり、日本の方々には不安を与える事があるかもしれません。

◆不動産エージェントは、所属する会社の「社員」ではありません。

ハワイ(アメリカ)では、不動産エージェントは所属する会社の「社員」ではありません。
所属する会社と「Independent Contractor (インディペンデント コントラクター:独立契約業者)」という関係になっています。そして、ビジネスが完了した場合にコミッションが入る事になります。また、何か都合があって会社を「明日辞める」と言う事もあるのです。
大人数の不動産エージェントが居る会社では、不動産エージェントの人数分の机がある訳では無く、何人かで一つの机をシェアーしている会社もあります。

◆エージェントが休業する場合、ハワイ州に「休業許可証」を発行してもらいます

休業する場合は、持っている「不動産ライセンス」を一時的にハワイ州に預けることによって、「休業許可証」を発行してもらうことが出来ます。
ただし、休業期間中も、ハワイ州に一定の維持費を払い、いつでも営業出来るようにしておきます。
もし「営業」を再開したい場合は、休業していた期間に合わせて、新規の法律などの新しい不動産知識を受講するために学校へ行き、その「終了証書」と手続き書類の提出、諸々の経費を支払うことによって、「営業許可」に更新出来ます。そして、どこの会社に行くか決めます。
以上の通り「不動産ライセンス保持者」のみでは、ハワイで不動産の仕事に携わることは出来ません。ハワイでは、人様の「大切な不動産などの資産」を扱う立場として、10年、20年前の古い不動産法律の知識で営業するという事は、顧客に対して大変不義理となり、不動産業界のレベルをも落とすことになるので、このような厳しい法律になっているのです。

◆不動産会社の社主(オーナー)および不動産総合責任者には、さらに厳しい規則や法律があります。

不動産エージェントに「籍」を置かせる「会社」を経営する「社主=オーナー」および「不動産総合責任者=プリンシパル・ブローカー」には、さらに厳しい規則や法律が課せられており、更新を怠れば会社を閉めなければなりません。
そうなれば、その会社の社員、またエージェント全員は仕事をすることができません。ハワイも日本も同様ですが、必ずしも「社主=オーナー」が「不動産総合責任者=プリンシパル・ブローカー」として営業しているとは限りません。もちろん「オーナー」と「プリンシパル・ブローカー」が同一人物であることも良くあります。

☆ご質問はE-mailでお願いします。
 E-mail: fogarty@fogartyhawaii.com
 link to www.fogartyhawaii.com
 Fogarty Realty,Inc.© February.2 ,2020

「学べるハワ恋不動産」

⑧物件のリース(借地権)とフィーシンプル(土地所有権)について

⑧物件のリース(借地権)とフィーシンプル(土地所有権)について

■不動産物件には、一戸建てにしろコンドミニアムにしろ土地が付いています。その土地のあり方が2種類あります。
■ハワイの不動産物件には、リース・ホールド(Lease Hold:借地権:一般的にはリースという)とフィー・シンプル(Fee Simple:土地所有権付)があります。
■リース・ホールドは、土地を持っている第三者の人(または会社)がいます。いわゆる地主です。物件を所有するオーナーは、その管理費とは別に、地主に地代を払う事になります。
フィー・シンプルは物件を所有する人(または会社)が土地の所有権も持っています。

<もっと詳しく読む>

⑥不動産物件を買う時の注意

⑥不動産物件を買う時の注意

・ハワイで不動産物件を購入するにあたり、まずは、予算を決めて、あなたのエージェントと相談しながら、どの物件を目標にするか定めます。
・近頃は新規物件も多く出てきましたが、ハワイのマーケットは中古物件が多いため、美しく「内装」をして売りに出している物件が多くあります。
・特に改装をした家、またはコンドミニアムは、法律に関わる事があるので、見る前に良く調べた方が良いと思います。
・例:一軒家の場合高さ制限が25ft、これを超えては違法となります。
 また、ペンキ塗装や床については、内装とは言いません。

<もっと詳しく読む>

⑤ハワイのオープン・ハウスの回り方

⑤ハワイのオープン・ハウスの回り方

■皆様の中には、ハワイで日曜日のオープン・ハウスの看板をご覧になったという方もいらっしゃるかと思います。
このオープン・ハウスは、不動産に興味のある一般の人々が、不動産の売り物件を見て回る事が出来るように、一戸建てやコンドミニアムのユニットを日曜日の午後2時から5時までの3時間の間、公開するものです。
■オープン・ハウスはあくまでも、売り手のエージェントが、その物件を早く売却するために行うものです。
■このオープン・ハウスを、あなたにとって不利にならないように見て回る為には、いくつかの注意点があります。

<もっと詳しく読む>

④良い不動産会社の選び方・11箇条

④良い不動産会社の選び方・11箇条

もし、あなたがハワイで不動産を購入する時、あるいは売却する時には、不動産業の資格を持ったエージェントを貴方のエージェントとして、指名する事になるでしょう。
日本の場合と大きく違う点は、購入する本人と売却する本人が直接会う事は、
利害関係が相反する事なので、「買い手」+「エージェント」と「売り手」+「エージェント」の四角関係になってしまい、不都合が生じたりする事も起こりかねません。
従って、購入する場合は、相手の売却する方にもエージェントが付いていますので、購入する側にもエージェントが必要になるのです。

<もっと詳しく読む>

 

③ハワイの物件の種類

③ハワイの物件の種類

ハワイはアメリカですので、物件の種類や呼び方も日本とは違います。内容をよく理解してください。
*全てゾーニング(地目の事)について注意しましょう
  1. House(ハウス)一軒家を表します。
  2. Gated community(ゲィテッド・コミュニティ)検問所付き居住区
  3. Town-house(タウン・ハウス)棟続きの2軒長屋です。
  4. Condominium(コンドミニアム)(略してCondoコンドとも言います。)
  5. Apartment(アパートメント)略してアパートと言います。

<もっと詳しく読む>

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

旅・グルメ番組一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法