ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

ハワイに恋して! の「学べるハワ恋不動産」

⑥不動産物件を買う時の注意

⑥不動産物件を買う時の注意

・ハワイで不動産物件を購入するにあたり、まずは、予算を決めて、あなたのエージェントと相談しながら、どの物件を目標にするか定めます。
・近頃は新規物件も多く出てきましたが、ハワイのマーケットは中古物件が多いため、美しく「内装」をして売りに出している物件が多くあります。
・特に改装をした家、またはコンドミニアムは、法律に関わる事があるので、見る前に良く調べた方が良いと思います。
・例:一軒家の場合高さ制限が25ft、これを超えては違法となります。
 また、ペンキ塗装や床については、内装とは言いません。

<もっと詳しく読む>

⑤ハワイのオープン・ハウスの回り方

⑤ハワイのオープン・ハウスの回り方

■皆様の中には、ハワイで日曜日のオープン・ハウスの看板をご覧になったという方もいらっしゃるかと思います。
このオープン・ハウスは、不動産に興味のある一般の人々が、不動産の売り物件を見て回る事が出来るように、一戸建てやコンドミニアムのユニットを日曜日の午後2時から5時までの3時間の間、公開するものです。
■オープン・ハウスはあくまでも、売り手のエージェントが、その物件を早く売却するために行うものです。
■このオープン・ハウスを、あなたにとって不利にならないように見て回る為には、いくつかの注意点があります。

<もっと詳しく読む>

④良い不動産会社の選び方・11箇条

④良い不動産会社の選び方・11箇条

もし、あなたがハワイで不動産を購入する時、あるいは売却する時には、不動産業の資格を持ったエージェントを貴方のエージェントとして、指名する事になるでしょう。
日本の場合と大きく違う点は、購入する本人と売却する本人が直接会う事は、
利害関係が相反する事なので、「買い手」+「エージェント」と「売り手」+「エージェント」の四角関係になってしまい、不都合が生じたりする事も起こりかねません。
従って、購入する場合は、相手の売却する方にもエージェントが付いていますので、購入する側にもエージェントが必要になるのです。

<もっと詳しく読む>

 

③ハワイの物件の種類

③ハワイの物件の種類

ハワイはアメリカですので、物件の種類や呼び方も日本とは違います。内容をよく理解してください。
*全てゾーニング(地目の事)について注意しましょう
  1. House(ハウス)一軒家を表します。
  2. Gated community(ゲィテッド・コミュニティ)検問所付き居住区
  3. Town-house(タウン・ハウス)棟続きの2軒長屋です。
  4. Condominium(コンドミニアム)(略してCondoコンドとも言います。)
  5. Apartment(アパートメント)略してアパートと言います。

<もっと詳しく読む>

①違法・脱税バケーションレンタル<br> 取締り強化

①違法・脱税バケーションレンタル
 取締り強化

  1. バケーションレンタル(VR)を行う業者に「ライセンス」が必要になりました。
  2. 物件のオーナーにも「ライセンス」が必要になりました。(新規にライセンスを取得する事は実質ほぼ不可能)
  3. レンタルする場合は同一人に最低30日以上
  4. 違法な賃貸が発覚した場合、業者とオーナーに、1日最低千~1万ドルの罰金が課せられます。

<もっと詳しく読む>

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

旅・グルメ番組一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法