ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

その先に絶景が待っている!ハワイのトレッキングコースに挑戦

その先に絶景が待っている!ハワイのトレッキングコースに挑戦


ダイヤモンドヘッド・トレイルをはじめ、平坦で歩きやすいマカプウ・ライトハウス・トレイルや、SNS映えするスポットとして人気があるラニカイ・リッジ・トレイルなど、ハワイでは旅行者でも気軽にトライできるトレイルコースがたくさんあります。今回はもう少し難易度が高めだけれど、頑張って歩いた甲斐がある、森と海の絶景が楽しめるトレイルコースをひとつずつ紹介します。

ノードストローム・ラック/Nordstrom Rack

ノードストローム・ラック/Nordstrom Rack
ノードストローム・ラック/Nordstrom Rack
ノードストローム・ラック/Nordstrom Rack
ノードストローム・ラック/Nordstrom Rack


トレッキングで自然との一体感を楽しむためには、まず健康な体が大事。体調を整えておきましょう。到着日や帰国日は避けて、時差ボケなども解消できた頃に行くようにしましょう。
服装は天候の変化に対応できるようなものがいいでしょう。ベースはジョギングやマラソンをするときと同じ格好でOK。サンダルは足場が悪いと滑ったり、岩場でぶつけてケガをしたりするのでNG。トレッキングシューズにすれば完璧です。日差しや寒さ対策として、長袖の上着があると便利です。上下セパレートになっているレインウエアで代用することもできます。
持ち物は、帽子やサングラス、日焼け止め、虫除け、飲み物、食料など。重くならないようコンパクトにすることを心がけましょう。
事前にネットなどでトレイルの最新情報や、地図、天候などを入手し、下調べをしておきましょう。台風が近づいていたり、悪天候が予想されているときは無理をせず、行かない勇気も必要です。

森の絶景 マノア・フォールズ・トレイル

雨が多く虹がよく見られるマノア渓谷のトレッキングコース。小一時間ほどで到着するゴールには落差約60mの滝が待っています。気軽にアクセスでき、勾配も少なく、それでいて熱帯雨林のジャングルや滝の景観が楽しめることから、ローカルには定番のトレッキングコース。近年のトレッキング人気からたくさんの旅行者も訪れるようになっています。また、その自然の豊かさから、海外ドラマ「LOST」や映画「ジュラシック・パーク」のロケ地として使用されました。



ワイキキからは車で約20分。駐車場はトレイルの入口にあります。隣接するスナックショップで$5の駐車料金を支払い、駐車証をダッシュボードに置くシステムです。ザ・バスならアラモアナセンターから5番バスで約30分。終点で下車すればよいので、心配はいりません。バス停から歩いて15分ほどでトレイルの入口に到着します。ザ・バスで行く場合は、約1時間に1本の間隔で運行しているので、余裕をもったスケジュールで望みましょう。



片道約30分のジャングルトレッキングに出発です。うっそうと生い茂る木々で日差しが遮られ、湿度も高め。雨が多いので道はぬかるんでいるところが多いのが特徴です。足もとに注意しながら、巨木と緑の間を進んで行きましょう。風で木々が揺れる音や小鳥のさえずりが聞こえる静かな道中です。途中、バニアンツリーのアーチがあり、撮影スポットになっています。こちらを抜けると竹林が出現し、岩場を歩き滝に到着します。



滝の水量は、雨量によって変わるので、そのときの天候次第ということになりますが、あたりはマイナスイオンに包まれた癒やしの空間。思い切り深呼吸をして体にエネルギーをチャージしたくなります。ただし、滝壺は遊泳禁止なので入らないようにしましょう。



注意点としては、熱帯雨林のトレイルなので蚊がいます。虫除けスプレーなどで対策を。また、ぬかるみが多いので、歩きやすいスニーカーなどを履きましょう。トレイルにはトイレがありません。入口のスナックショップで用を足しておきましょう。

基本情報

マノア・フォールズ・トレイル/Manoa Falls Trail
店名 マノア・フォールズ・トレイル/Manoa Falls Trail
住所 Na Ala Hele, Honolulu,
営業時間 6:00〜18:00
URL hawaiitrails.hawaii.gov/trails/#/

海の絶景 ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル(Koko Crater Railway Trail)

海の絶景 ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル(Koko Crater Railway Trail)
海の絶景 ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル(Koko Crater Railway Trail)

アフ島の南東部、ハナウマ湾の山側にそびえるココヘッドを登るトレイルコースです。ワイキキから車で約30分、ザ・バスなら22番バスで約30分、ハナウマ湾入口の停留所で下車して徒歩10分ほどのところにトレイルの入口があります。

このトレイルはワイキキからのアクセスは楽なのですが、なかなか手強いコースで中級者以上向けと言われています。標高368メートルの山頂、ココ・クレーター・ステアーズまで一直線の上り坂で、廃線となったトロッコのレールを支える枕木を階段のようにして登っていきます。このレールは第二次世界大戦中に、アメリカ軍が山頂の通信基地まで物資を運ぶために作ったもので、山頂に近くなるほど傾斜がきつくなっています。枕木の数はなんと1048本!間隔が大きくて不規則、また古くて滑りやすいので、かなりの体力が必要となる片道約50分のコースです。

一直線に延びるレールを眺めると、到着地点が見えるのであまり遠く感じないのですが、登れども登れども、なかなか着かないもどかしさがあります。また、途中、レールと枕木が地上から浮いていて、踏み外したら下に落ちてしまう難所もあります。ただし、こちらには迂回路が造られているので怖いと感じたら迷わず迂回しましょう。
急斜面を登り切ってようやく頂上まで登ると、そこには360°のパノラマの絶景が待っています。高級住宅地のハワイカイやハナウマ湾が見え、遠くにはダイヤモンドヘッドまで見渡せる。これまでの苦労が報われる瞬間です。

注意点としては、日差しをさえぎる木陰がないので、日焼け対策と帽子やサングラス、飲み物も必携です。狭いコースなので、譲り合いながら歩き、休憩するときはレールの脇によけましょう。また急斜面は滑りやすいので、登るときより降りに注意が必要です。

店舗基本情報

ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル/Koko Crater Railway Trail
店名 ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル/Koko Crater Railway Trail
駐車場 あり
営業時間 随時開放
定休日 無休

<まとめ>

ハワイのトレッキングは自然のさまざまな風景に出合える人気アクティビティですが、初級者向け、上級者向けといった難易度に関わらず、事前の準備をしっかりしないと大きなケガや事故を起こすことになります。自分の体力と相談しながらコースを決めて、楽しむようにしましょう。




ハワイ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法