ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

海からワイキキを大満喫! 手軽にクルーズを楽しもう


ワイキキ沖へのクルージングは、ハワイを訪れたら一度は体験しておきたいイベントのひとつです。海から眺めるワイキキの高層ホテル群とビーチの風景、船上で迎えるサンセットタイムの絶景など、ワイキキ沖に出た船上で過ごすと、これまでのハワイとはひと味違った楽しみが感じられます。ウインターシーズンにはクジラに出合えることも。ここではワイキキ沖の船上での楽しみ方を紹介します。

サンセット・クルーズ

ワイキキ・ビーチから眺めるサンセットは、滞在中の楽しみのひとつですが、クルージングで船上から眺めるのも、ロマンチックで格別なものがあります。  ハワイにはたくさんのサンセット・クルーズのツアーがありますが、船上からのサンセットだけでなく、ディナーとエンターテインメントも楽しめるのがスター・オブ・ホノルルのサンセット・ディナー・クルーズです。  スター・オブ・ホノルル号は、4階建て1,500人乗りの大型豪華客船で、3種類の安定装置で揺れの少ない快適なクルージングを実現しています。出港はアロハタワーの立つピア8から。船の前では乗船を歓迎するフラが披露され、気持ちが高まります。サンセットの特等席は、船の後方、海上から18.2mの高さにある4階の展望サンデッキです。オープンエアでハワイの心地よい風を感じながら、大海原に沈む夕日を眺めることができます。  ツアーは食事のグレードやエンターテインメントによって4種類あります。豪華な7品目のフルコースとジャズライブが楽しめるファイブスター・サンセット・ダイニング&ジャズ、1匹丸ごとのロブスターとテンダーロインビーフの5品目コースとポリネシアンショーのスリースター・サンセット・ディナー&ショー、カニとテンダーロインビーフの3品目コースとポリネシアンショーのスター・サンセット・ディナー&ショー、そして最もカジュアルなのがローストビーフがメインのビュッフェとハワイアン・ミュージック・ライブのパシフィック・スター・サンセット・ビュッフェ&ショーです。いずれも魅力的なコースで、参加する目的に合わせて選ぶといいでしょう。ちょっとおしゃれをして、リゾートカジュアルな装いで乗船したいところです。

店舗基本情報

店名 スター・オブ・ホノルル/Star Of Honolulu
住所 1 Aloha Tower Drive, Honolulu
電話番号 808-983-7827(予約)
営業時間 6:30?19:00 (予約受付時間)
定休日 無休
URL https://www.starofhonolulu.com/jp/

ワイキキ・ビーチのカタマラン

より気軽にクルージングを楽しみたいなら、ワイキキ・ビーチに停泊しているカタマランを利用してみてはいかがでしょうか。  カタマランとは、2艘の船をつないだ形の双胴船のことで、安定性がよく、古来ポリネシアの人々が海の移動手段として使用していたといわれています。  モアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパからシェラトン・ワイキキまでのビーチには、いくつかのカタマランが停泊しています。出航時間はどのカタマランも11:00、13:00、15:00、17:00頃(※詳細はご自身で確認ください)で、17:00の出航はサンセット・クルーズで人気があります。予約をするのが確実ですが、定員を満たしていなければ、近くに待機しているスタッフに声をかけて乗船することも可能です。料金は$30?50くらいです。  ビーチからはしごを使ってカタマランに乗船すると、ホラ貝の合図で出航します。このホラ貝の音で、近くにいるサーファーやビーチで遊んでいる人たちがカタマランの通り道を空けていきます。  沖に向かうときには水しぶきを浴びながら進みます。あちらこちらから歓声があがる、このクルージングの楽しみのひとつです。船首に設置されているハンモック状のネットに横たわるのもスリルがあります。水着着用はもちろん、タオルなど濡れてもいい準備もしておきましょう。  カタマランのキャプテンやスタッフはフレンドリーでノリがよく、ドリンクのサービスなどで乗客を楽しませてくれます。沖に出て海面に近い高さから眺めるワイキキ・ビーチや、ダイヤモンドヘッドの風景は忘れられない旅の思い出になること間違いなし。運がよければ、ウミガメやイルカに出合えることもあり、約1時間半のクルージングはあっという間に感じられるでしょう。

店舗基本情報

店名 ケポイカイ?(カタマラン・クルーズ)/Kepoikai II (Catamaran Cruise)
住所 2259 Kalakaua Ave, Honolulu
電話番号 808-224-7688
営業時間 10:00?19:30
定休日 無休
URL http://www.kepoikai.com/book-now/

アトランティス・サブマリン

何度ハワイへ訪れても魅了されてしまうワイキキ・ビーチ。その美しいワイキキの海の中を潜水艦でのぞいてみてはどうでしょう。  白い砂地を舞うように泳ぐカラフルなトロピカルフィッシュに出迎えられ、サンゴ礁や沈船なども見ることができ、探検気分が味わえます。もちろん、泳ぎが苦手でも問題ありません。シュノーケルセットもダイビングのライセンスも必要ありません。  ツアーの集合はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ前の桟橋です。ここからシャトル・ボートに乗って、潜水艦アトランティス号が停泊しているワイキキ沖へ向かいます。アトランティス号はアメリカの沿岸警備隊の認可を受けた安全性の高い潜水艦で、バッテリー駆動で自然環境にも配慮しています。48人乗りスタンダードと64人乗りプレミアムの2タイプがあり、プレミアムはスタンダードに比べて、のぞき窓が1.6倍の大きさです。どちらもエアコンが完備され、地上と同じ気圧を保っているので圧迫感もなく、快適に海底クルージングを楽しむことができます。  ゆっくりと水深を下げていき、最も深いところでおよそ30mまで潜ります。潜航時間は約45分間。トロピカルフィッシュやウミガメ、ときにはサメの姿を見かけることも。海の生き物だけでなく、サンゴ礁や沈船、飛行機の残骸など、これまで知らなかったもうひとつのワイキキに触れる貴重な体験となるでしょう。日本語オーディオガイドによる解説があるので、ワイキキの自然の知識がより深まるのもうれしいところです。

店舗基本情報

店名 アトランティス・サブマリン/Atlantis Submarines
出発 9:00?15:00の1時間おき
定休日 無休
電話番号 808-973-1311(予約センター)
注意事項 ※身長92cm未満の方は参加不可
※乗降の際、はしごを昇降する必要あり

ホエール・ウオッチング

毎年12月中旬から4月中旬にかけて、ハワイではザトウクジラが見られるシーズンです。出産、育児、交配のため、遠くアラスカ沖からはるばる数千マイルを泳いで、暖かいハワイの海へやってきます。  この期間にハワイを訪れてクルージングを予定しているなら、ぜひホエール・ウオッチング・クルーズに出かけてみてください。ハワイでも人気のアトラクションのひとつで、たくさんの会社が多種多様なホエール・ウオッチング・クルーズを催行しています。日本人としては、期間限定でしか見られないというところも、心揺り動かされますね。  クジラとの高い遭遇率を誇るアトランティス・クルーズでは、全長約46m、3階建てのマジェスティック号でホエール・ウオッチング・クルーズを催行しています。各デッキは広々としていて、クジラが現れたときにもよく見えるパノラマ展望となっています。また最先端技術の「シーキーパー」を搭載しているので安定性に優れ、揺れが少なく快適なクルーズが楽しめます。約2時間半のクルーズは、デリスタイルの食事やドリンク付きで、クジラが見られなかったときには、食事付きの無料再乗船パスを発行してくれるのもうれしいところです。  海面から空に向かって大きな体を突き出すブリーチングや、ブシューと潮を噴き上げるブロー、尾ひれがゆっくりと海面に入っていくフルークアップなど、ザトウクジラの豪快なパフォーマンスを心ゆくまで楽しみましょう。

店舗基本情報

店名 アトランティス・クルーズ/Atlantis Cruises
ツアー時間 11:30?14:00
電話番号 808-973-1311(予約センター)
URL http://www.atlantisadventures.jp

<まとめ>どれかひとつはスケジュールに組み込みたい!

海の上から望むワイキキ・ビーチとダイヤモンドヘッド。空と海が茜色に染まる夕暮れ時のワイキキ。そして、色とりどりの熱帯魚がたわむれる海中世界。どのクルーズを選んでも、陸上とはまた違うハワイの風景を楽しめ、フォトジェニックにあふれています。滞在中、一度は足を運んでみてください。

ハワイ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法