ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

ホノルルで食べるならココ!ロコモコがおいしい店6選

ホノルルで食べるならココ!ロコモコがおいしい店6選

アヒポケやガーリック・シュリンプなど、ハワイで食べたいソウルフードはいろいろありますが、やはり忘れてはならないのがロコモコです。東洋の主食であるご飯と、西洋料理のハンバーグ&目玉焼きが融合したロコモコは、異文化が合流したハワイを現すにふさわしいひと品。そこで今回は「いま食べるならココ!」というおすすめのお店をご紹介します。

レインボー・ドライブイン

レインボー・ドライブイン

1961年創業の老舗で、古き良きハワイの家庭の味を今なお提供し続けているプレート専門ダイナー。もともとローカルに絶大な支持を得ていたお店ですが、オバマ前大統領が「休暇中に寄りたい」と発言したことで、一躍世界的に有名なお店となりました。
隠し味にコンブダシを使用したグレービーソースの色は、通常よりも薄め。味が薄いと感じるときは、しょう油を足して食べるのがローカルスタイルです。大きなハンバーグの上に目玉焼きが2個も乗ったボリューミーな盛りつけながらも、価格は$8.5とリーズナブル。味良し価格良しが、50年以上もの間愛されている理由かもしれません。

グーフィー・カフェ&ダイン

グーフィー・カフェ&ダイン
グーフィー・カフェ&ダイン

地産地消を掲げるカフェ&ダイナーで、ハワイの伝統食を提供しています。エッグベネディクトにアサイーボウル、そしてパンケーキと、ハワイで食べたいメニューが全部揃っていますが、おすすめは何といっても「ビッグ・アイランド・ビーフ・ロコモコ」。というのも、ハワイのローカルフードにひと手間加えたこの店ならではの味を堪能できるからです。
こちらのロコモコはご飯に玄米を使用し、ソースはグレービーではなくデミグラス。ヘルシーながらも旨みやコクが味わえる繊細な味付けは、日本人好みだと評判です。
グレービーソースがあまり好きではないという方は、一度「グーフィー・カフェ&ダイン」でロコモコをオーダーしてみてはいかがでしょうか。きっとロコモコが一気に好きになるはずです。

ルルズ・ワイキキ

ルルズ・ワイキキ
ルルズ・ワイキキ

ロケーション抜群のお店として人気の「ルルズ・ワイキキ」。オープンエアーの店内では、ワイキキビーチの波の音をBGMに潮風を感じながら食事を楽しむことができます。
"ワイキキで一番ロコモコがおいしい店"との看板が店内階段脇に掲げられていますが、そのうたい文句に偽りはなし。赤身肉を使用した食べ応え十分のハンバーグにあっさりソースを使用したロコモコは、何度でも食べたいと評判です。
またロコモコの上に乗る2個の目玉焼きは、焼き加減を選ぶことができます。どこも半熟がお決まりとなっているロコモコの目玉焼きですが、"オーバーハード"と呼ばれる両面焼きもツウ好みでおすすめです。

ワイオル・オーシャン・ ビューラウンジ

ワイオル・オーシャン・ ビューラウンジ
ワイオル・オーシャン・ ビューラウンジ

ロコモコといえば、リーズナブルなハワイの庶民の味。そんなロコモコの概念をガラリと覆すのが、トランプ・インターナショナル・ホテル内にある高級レストラン「ワイオル・オーシャン・ ビューラウンジ」です。
"世界最小サイズ"と呼ばれるこちらの「ワイオル・ロコモコ」は、一口サイズのライスコロッケの上に、うずらの目玉焼きを乗せた変わり種スタイル。ひと皿に3ピース乗った小さなロコモコは、メインディッシュというよりアペタイザー(前菜)といった方がふさわしいかもしれません。ドレスアップをしてロコモコを食べたというのは、話の種にもなりますよ。

和食レストラン「カイワ」

土日限定!カイワ

日本直送の食材にこだわる和食レストラン「カイワ」。普段は寿司や鉄板焼きなどがいただけるお店ですが、土日のランチ限定で登場するのが「キング・ロコモコ」。2段に積まれたハンバーグの上に、サクサクのオニオンリングが4段乗ったタワーのようなロコモコは、フォトジェニックかつ美味と評判です。

こちらのロコモコは、グレービーソースではなく和テイストが効いたデミグラスソースを使用しているとあって、日本人の口に合う仕上がりに。平日ランチと同じ$12という価格で、サラダ・お味噌汁付きの大迫力ロコモコがいただけます。

モエナ・カフェ

モエナ・カフェ

2012年のオープン以降、またたく間にローカルの間で話題となった人気レストラン「モエナ・カフェ」。地元紙のグルメ大賞を受賞するなど、話題に事欠かない人気店です。
そんなお店の名物ロコモコといえば、ハンバーグではなく牛肉のショートリブを使用した「ショートリブ・ロコモコ」。ホロホロになるまで煮込まれたお肉の上に合わせるのは、さらっとしたデミグラスソースに両面グリルの目玉焼きと、見た目も上品なひと品です。
ご飯はシンプルに白米でもおいしいですが、フライドライス(炒飯)にしてみるのもおすすめ。ハワイの伝統的なローカルフードが、一気にアジアンテイストの新しい料理に変わりますよ。

<まとめ>

現地のソウルフードを食べることも、旅の醍醐味のひとつ。ハワイの伝統食にはロコモコ以外にも、蒸したタロイモを潰した「ポイ」や、タロイモの葉で魚・肉を包んで蒸した「ラウラウ」など、私たちにはなじみの薄い食べ物もたくさんあります。これらローカルフードはレストランだけでなく朝市でもいただくことができるので、ぜひ挑戦してみましょう。




ハワイ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

旅・グルメ番組一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法