ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

注目のネイバーアイランド ハワイ島のコーヒー農園と魅力的なショップ


北緯25度と南緯25度のコーヒーベルトに位置するハワイ諸島は、コーヒーの生産地としても知られていますが、ハワイでコーヒーといえば、ハワイ島産のコナ・コーヒーが有名です。ここでは数あるコーヒー農園やショップの中でも選りすぐりのスポットのほか、ぜひ訪れるべきおみやげ店やグルメをご紹介します。

店の一角にはコーヒーの歴史博物館も
ロイヤル・コナ・コーヒー・センター Royal Kona Coffee Center

カイルア・コナから車で南へ30分ほど走ると、山の斜面に広大なコーヒー農園が広がっています。このあたりの気候と火山が生み出した豊かな土壌はコーヒー栽培に適していて、グルメコーヒーとして名高いコナ・コーヒーの産地となっています。
爽やかな酸味と気品ある香りが特長のコナ・コーヒーは、ハワイ島のコナ地域だけで栽培される稀少なコーヒー豆です。機械を使わず手で摘み取るために大量生産ができず、州政府が厳密な品質管理を行っていることもあって高価な豆としても有名です。
日本で口にするコナ・コーヒーのほとんどは含有率のわずかなブレンドですので、ハワイ島を訪れた機会にちょっぴり贅沢をして100%コナ・コーヒーを味わってみましょう。
センターには100%のコナ・コーヒーが10種類ほど揃った試飲コーナーがあり、納得いくまで飲み比べることができます。また、店の一角はコーヒーの歴史博物館になっています。
ハワイにコーヒーの木が持ち込まれたのは19世紀のこと。やがてコナ地区でも栽培が成功しますが、20世紀初頭までに衰退してしまいます。消滅寸前だった農園を立て直し、今日のコナの繁栄を築いたのは日系移民たちでした。
高騰と暴落を繰り返すコーヒー豆市場に翻弄されながらも、創意工夫を凝らしながら高品質なコーヒーを作り続けてきたのです。
そんな移民の苦労をしのびながら芳醇なコーヒーを味わえば、一層ありがたみを感じられるかもしれません。

店舗基本情報

店名 ロイヤル・コナ・コーヒー・センター/Royal Kona Coffee Center
URL http://royalkonacoffee.com/visit/
住所 83-5427 Mamalahoa Hwy., Captain Cook
電話番号 808-328-2511
営業時間 7:30〜17:00
定休日 無休

摘みたての生豆を好みの深さに焙煎
UCCハワイ UCC Hawaii

カイルア・コナの町と海を見晴らせる広大な斜面に、上島珈琲(UCC)直営のコーヒー農園があります。ここでの人気は、日本人スタッフが案内してくれるローストマスター・ツアーです。
コーヒー栽培やコナ・コーヒーの歴史などの説明を受けながら農園を見学し、摘みたてのコーヒーの生豆を自分の手で好みの深さに焙煎します。最後に袋詰めをして、自分の顔写真をパッケージに貼り付ければ完成。最高のハワイみやげのできあがりです。
ローストマスター・ツアーは農園見学を含めて約1時間。1人$35で、約100グラムのコナ・コーヒー2袋を持ち帰ることができます。あらかじめウェブサイトから予約をしておきましょう。催行は2人以上。12歳以上のみが参加できます。

店舗基本情報

店名 UCCハワイ/UCC Hawaii
URL http://www.ucc-hawaii.com
住所 75-5568 Mamalahoa Hwy., Holualoa
電話番号 808-322-3789
営業時間 9:30、10:30、11:30、13:00、14:00、15:00
定休日 11月第4木曜(感謝祭)、12月25日、1月1日

伝統的な栽培から焙煎、出荷まで手作業
カントリー・サムライ・コーヒー・カンパニー Country Samurai Coffee Company

コナ・コーヒーのなかでも、特にグレードの高いプレミア・ブランドを誇る農園です。殺虫剤も除草剤も使わず、有機肥料を使って昔ながらの方法で栽培しています。ほかのコーヒー農園と異なり、コーヒーの木の高さを揃えずに自然のまま伸ばしているのも伝統的なやり方。このほうが味の良い豆がたくさん収穫できるそうです。
栽培、焙煎、袋詰め、出荷までのすべてを日系人の国武さんファミリーが手作業で行っています。手塩にかけて育てた豆だからこそ100%ピュアなまま出荷しており、ほかの豆とのブレンドや香りづけ、カフェインを抜くなどの作業は一切しないのが国武ファミリーの流儀です。
そんな国武コーヒーは、カイルア湾のカイルア桟橋の近くにあるショッピングモール、コナ・スクエアの直営店で手に入れることができます。車がなくて農園まで行けない人でも、プレミア品質のコナ・コーヒーを入手できるのがうれしいですね。

店舗基本情報

店名 カントリー・サムライ・コーヒー・カンパニー /Country Samurai Coffee Company
URL http://www.countrysamurai.com
住所 75-5669 Alii Dr., Kailua-Kona
電話番号 1888-666-5662(無料)
営業時間 11:00〜17:00
定休日 無休

タコノキで編んだバッグや帽子がかわいい
キムラ・ラウハラ・ショップ Kimura Lauhala Shop

カイルア・コナの山側、ホルアロアという小さな村にあるラウハラの有名店です。
ラウハラとは、ハワイの海岸に育つハラ(タコノキ)の葉で編んだ民芸品のことです。葉の両端にあるトゲを抜き、1日以上水に漬けてから専用の道具でヒモ状に割き、さまざまな形に編んで仕立てます。
古くは敷物やカヌーなどに利用されてきましたが、現代ではおしゃれな服飾品やバッグがハワイのおみやげとして人気です。どことなくノスタルジックな雰囲気が漂う店のなかにはポーチ、バッグ、帽子、バスケット、プレースマットなどが並んでいて、そのデザインの豊かさと網目の美しさに目を奪われてしまいます。軽くて肌当たりの優しいブレスレットなどは、おみやげにもおすすめです。

店舗基本情報

店名 キムラ・ラウハラ・ショップ/Kimura Lauhala Shop
URL http://www.holualoahawaii.com/member_sites/kimura.html
住所 Top of Hualalai Rd., Holualoa
電話番号 808-324-0053
営業時間 9:00〜17:00、土〜16:00
定休日 日曜

ショートブレッドクッキーの有名店
ヒ?ック?アイラント?・キャンテ?ィーズ Big Island Candies

アラモアナ・センターでもおなじみのスイーツショップ、ビッグアイランド・キャンディーズ。その本社工場と直営店がヒロ空港の近くにあり、連日大勢の人でにぎわっています。
ビッグアイランド・キャンディーズの商品はキャンディといっても飴ではなく、クッキーやブラウニー、ラスク、チョコレートトリュフといったお菓子の数々。人気の理由は、素材の品質に自信アリというこだわりの味です。
店いちばんの人気は、ハワイ島産マカダミアナッツを使ったチョコレートディップ・マカダミア・ショートブレッドクッキー。サクサクとした食感とたっぷり入ったバターの風味がたまりません。
クッキーの半分だけディップしたチョコレートは、ダーク、ミルク、ホワイトから選べます。さらにコナ・コーヒー、ココナッツ、抹茶などが入ったバリエーションも人気。
カラフルなパッケージはとてもおしゃれで、クリスマスなどのイベント時に発売されるスペシャルボックスはコレクターもいるほど。ギフトにもきっと喜ばれるハワイを代表する逸品です。

店舗基本情報

店名 ヒ?ック?アイラント?・キャンテ?ィーズ/Big Island Candies
URL http://www.bigislandcandies.com
住所 585 Hinano St., Hilo
電話番号 1800-935-5510(無料)
営業時間 8:30〜17:00。工場見学は月〜金曜8:30〜15:45のみ
定休日 無休

ローカルフードでおなじみロコモコ発祥の店
カフェ100 Cafe 100

ハワイアンフードとして日本でも人気のロコモコ発祥の店といわれるドライブインで、1946年からヒロのダウンタウンの外れで営業しています。
ローカルにも観光客にも愛されていて、朝から晩まで客が絶えることがありません。
ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを載せグレービーソースをかけたロコモコ丼は、もともとヒロのローカルフードだったものをこの店がメニューに採り入れ、評判になって広まっていったといわれています。
ロコモコ丼はオリジナルのハンバーグのほかにもチキン、スパム、サーモンなど約30ものバラエティがあり、いずれも$4〜8とうれしいお値段です。上に載せるタマゴは、定番の目玉焼きのほかスクランブルエッグなどにしてもらうこともできます。
ほかにもハワイの伝統メニューやハンバーガー、トンカツなどもあり、テイクアウトもOKです。

店舗基本情報

店名 カフェ100/Cafe 100
URL http://cafe100.com
住所 969 Kilauea Ave., Hilo
電話番号 808-935-8683
営業時間 6:45〜20:30、土曜〜19:30
定休日 日曜

ハワイ島産の素材を使い、伝統料理をアートなひと皿に
メリマンズ Merriman's

グルメの町として知られるワイメアのなかでも、特に高い評価を受けているレストラン。ハワイ・リージョナル・キュイジーヌの旗手といわれるシェフ、ピーター・メリマンズの店です。
わざわざほかの島からメリマンズで食事をするためにハワイ島を訪れる人がいるほどの有名店ですが、ディナーでも意外なほどリーズナブルなのもうれしいですね。
外観は素朴ながら、インテリアは洗練されていて、落ち着いてディナーを楽しむことができます。
メリマンズの最大の特徴は、食材のほとんどをハワイ島内で調達している地産地消の店であること。
広大な牧場で放牧されて育った牛、地元の漁師から直接仕入れる新鮮な魚、色も味も濃い野菜など、シェフ自らが産地に出向いて品質を確かめた食材ばかりです。
そんなビッグアイランドの素材を最大限に生かしたメニューは、郷土料理のイメージをはるかに超えて、味もプレゼンテーションも芸術の域に達しています。
カルーアピッグなどの伝統料理もメリマンズの手にかかればアートな逸品になるのです。
とても混雑していますので、なるべく前日までにウェブサイトから予約をしておくといいでしょう。

店舗基本情報

店名 メリマンズ/Merriman's
URL
住所 65-1227 Opelo Rd., Kamuela, Hawaii
電話番号 808-885-6822
営業時間 11:30〜13:30&17:00〜21:00。土曜・日曜のみ14:00〜17:00も
定休日 無休

<まとめ>レンタカー利用がおすすめ

広大な面積をもつハワイ島ではバス路線があまり充実しておらず、ショップやレストランへ行くにも車がないととても不便。レンタカーの利用がおすすめです。 車がない場合にはホテルの送迎バスかタクシー利用となります。

ハワイ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

旅・グルメ番組一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法