ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

ハワイの気候って、日本とくらべるとどんな感じ?

ハワイの気候って、日本とくらべるとどんな感じ?

現地に行ってみないと分からないのが、その土地の気候です。
「どんな洋服を持って行けば良いの?」「滞在中は何に気をつければ良いの?」など、ビギナーさんが気になるハワイの気候を、日本と比較してご紹介します。

日本の方が暑い!? 南の島ハワイ

日本の方が暑い!? 南の島ハワイ

日本の夏といえば、最高気温が35℃を超えるジメジメとした猛暑日が続くイメージですが、ハワイの気温は年間を通して24~30℃。夏場に限っていえば、じつは日本の方が気温は高いのです。
なかでも旅行者が一番多いオアフ島の場合、雨季でも降水量は少なく、降ったとしてもすぐにやむスコール程度。
しかも貿易風が北東側から常に吹き下ろしているため、ジメジメと肌にまとわりつくような暑さはありません。
この年中過ごしやすい気候が、ワイキキが一大リゾートとなった理由のひとつであり、「ハワイ=楽園」のイメージが定着したゆえんでもあるのです。

乾季と雨季のあるハワイ。夏の乾季編

乾季と雨季のあるハワイ。夏の乾季編

ハワイには、日本のようにはっきりとした四季はないものの、夏と冬のふたつの季節が存在します。
5月~10月の夏場は平均気温が23℃で、最高気温は31℃。最も気温が高くなるのは、8月〜9月の間です。
日中はジリジリとした太陽が照りつけるものの、爽やかな風が吹いているため、座っているだけで汗が吹き出すといったことはありません。
天気も安定しているので、ビーチでマリンアクティビティを楽しみたいのであれば、この時期に訪れるのがベストです。
服装は、Tシャツ・短パン・サンダルといった夏の軽装で十分ですが、ハワイの日差しは日本よりも強烈です。
帽子・サングラス・日焼け止めは必ず持参して、熱中症と日焼けに気をつけましょう。また、建物内はどこも冷房が強く効いているため、冷房対策・紫外線対策を兼ねたはおるものがあると便利です。

乾季と雨季のあるハワイ。冬の雨季編

乾季と雨季のあるハワイ。冬の雨季編

11月~4月は雨季にあたります。雨季と聞くと、長雨が続く日本の梅雨のようなイメージがありますが、"年中ベストシーズン"という点がハワイの良さ。
雨季といっても一日中雨が降ることはなく、スコールのようなにわか雨が、早朝と夕方に降る程度。気温も平均で20℃、最高で27℃と、夏場と大きく変わるわけではありません。
そのため天気予報が雨マークだったとしても、ハリケーン予報や大雨注意報が出ていなければ、夏場同様ビーチで遊ぶことも可能。
ダイヤモンド・ヘッドなどでのトレッキングを考えているのであれば、気温の低い冬場の方が快適に楽しむことができるのでおすすめです。
ですが、「突然の雨に降られて困った...」とならないためにも、この時期は、折りたたみ傘やカッパなどを持ち歩くことをおすすめします。
現地でも購入できますが、日本と比較すると価格が高いことがあるため、予め用意した方が無難です。
また、この時期は朝夕の寒暖差が大きいため、雨具とともにカーディガンなどのはおるものも携帯しましょう。

エリアによって異なる気候。ハワイ島編

エリアによって異なる気候。ハワイ島編

ワイキキが一大リゾートとなった理由のひとつに、過ごしやすい気候があると書きましたが、ハワイとひと口にいっても島ごとに気候は異なります。
そのため、島から島へのプチトリップを楽しむといった場合は、服装や持ち物に注意が必要です。

エリアによって異なる気候。ハワイ島編

なかでもハワイ諸島最大の島"ハワイ島"は、東エリアの主要都市ヒロ周辺は非常に雨が多く、反面西エリアのコナ・コーストは乾燥地帯。同じ島でもエリアによって気候はまちまちです。
さらには、マウナ・ケアやマウナ・ロアの山頂付近は雪が降るなど、南の島とはかけ離れた山岳地帯の気候となっています。
国内旅行であっても、沖縄へ行くのか北海道へ行くのかでは持ち物が異なるように、ハワイ島へ行く場合はどのエリアを訪れるのか、予めチェックしておきましょう。

エリアによって異なる気候。その他の島編

エリアによって異なる気候。その他の島編

日本人旅行者が多く訪れるエリアはオアフ島とハワイ島ですが、日帰りツアーで他の島まで足を延ばす人も少なくありません。
島によって多少気候の違いはありますが、基本的にはどの島もオアフ島のように年中快適です。
なかでも"モロカイ島"や"マウイ島"はオアフ島の気候に非常に似ており、どのエリアも過ごしやすいといえます。

エリアによって異なる気候。その他の島編

反面、ハワイ島のようにエリアによって大きく気候が異なるのが"カウアイ島"です。
南西沿岸部のリゾート地は雨量が少なく過ごしやすいですが、東部は雨が多く内陸部は高温多湿と、ジメジメとした気候となっています。
そして、ハワイ諸島のなかで唯一高い山のない"ラナイ島"は、最も雨量が少なく気温が低いエリア。
朝夕は肌寒く感じるため、長袖の衣類やはおるものは必須です。

<まとめ>

"熱中症・日焼け・寒暖差"が、ハワイで過ごす際に気をつけるポイントです。
日本の夏とくらべると格段に過ごしやすいですが、寒暖差に身体がついていかないことも。南国ではあるものの、多少の防寒対策は必要です。

ハワイ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法