ジャンル別番組一覧

ハワイに恋して!メインビジュアルハワイに恋して!メインビジュアル

いま大注目のスイーツ マラサダを食べよう!

いま大注目のスイーツ マラサダを食べよう!

ポルトガルから伝わり、今ではハワイ定番のおやつとなったマラサダ。外側に砂糖をまぶした揚げパンで、外はカリッと、中はふんわりとした食感が特徴です。今回は、そんなマラサダが味わえるお店を紹介します!

(1)レナーズ

ハワイでマラサダを広めた老舗ベーカリー

1952年創業の老舗ベーカリー。ハワイで最初にマラサダを販売したお店といわれていて、連日のように行列が絶えることのない人気店です。
マラサダは、白砂糖をまぶしたシンプルなもの以外に、シナモンシュガーや甘酸っぱい梅パウダーのリーヒンムイをまぶしたものもあります。
また、クリーム入りのマラサダパフは、カスタードクリーム、チョコレート、ハウピア(ココナッツ)の3種類。甘すぎず、油っこくないので、2〜3個くらいはぺろりと食べられます。
店内にはマラサダのキャラクター、「マラサダベイビー」のぬいぐるみやTシャツ、お店のロゴが入った保冷バッグなど、オリジナルグッズも多数そろうので、ここを訪れた記念や、おみやげとしてもぜひ。

店舗基本情報

レナーズ

レナーズ
店名 レナーズ/LEONARD'S BAKERY
URL https://www.leonardshawaii.com/home/
住所 933 Kapahulu Avenue Honolulu
電話番号 808-737-5591
営業時間 5:30~22:00(金曜・土曜 ~23:00)
定休日 無休

(2)カメハメハ・ベーカリー

カメハメハ・ベーカリー

カメハメハ・ベーカリー

紫や赤など色鮮やかなマラサダがそろう

平日は午前2:00オープンにもかかわらず、早朝から焼き立てのパンやマラサダを求めるロコであふれる、地元の名店。中でも人気なのはタロイモから作られるマラサダ、「ポイ・グレーズド」。
外は黒っぽい色をしていますが、割ると鮮やかな紫色の生地が現れます。
味わいはしっとりしてモチモチの食感で、やさしい甘さが特徴的。他にも、中が真っ赤な「ストロベリー・グレーズド」、オレンジ風味の「オレンジ・グレーズド」もあります。
「ポイ・グレーズド」目当てであれば、お昼すぎには売り切れてしまうことも多いので、午前中の早い時間に訪れるのがおすすめ。

カメハメハ・ベーカリー

カメハメハ・ベーカリー
店名 カメハメハ・ベーカリー/Kamehameha Bakery
URL http://www.kamehamehabakeryhi.com/
住所 1284 Kalani St,D106 Honolulu
電話番号 808-845-5831
営業時間 2:00~16:00(土曜・日曜 3:00~)
定休日 無休

(3)アグネスポーチュギーズ・ベイクショップ

アグネスポーチュギーズ・ベイクショップ

アグネスポーチュギーズ・ベイクショップ

揚げたてアツアツが味わえるお店

★2018年1月に閉店しました★
ワイキキから車で約30分、カイルアの街にあるベーカリー。店内のショーケースにはたくさんのペストリーがズラリと並びます。
人気のマラサダは、オーダーが入るごとに作るので、いつ訪れても揚げたてのアツアツが食べられるのがうれしいところ。
店内にはイートインスペースがあり、コーヒーも売られているので、カイルア散策の合間の休憩スポットとしてもおすすめです。
このお店のマラサダは、ドーナツのように穴があいていて、ずっしりとしているのが特徴。
ショーケースにはないことが多いので、注文する時はお店の人に直接オーダーしましょう。

ハワイ情報

ハワイ在住日本人が愛する和食の名店

ハワイ在住日本人が愛する和食の名店

ビッグなステーキやハンバーガーなど、ハワイの料理って美味しいですけど、食べ続けると日本人にはちょっと胃が疲れてしまうこともありますよね。実は、在住日本人も多いハワイには、クオリティの高い和食店が揃っています。もちろん、アメリカングルメに疲れて日本食が恋しくなった日本人観光客も、たくさん訪れているようですよ。

ワイキキから足を伸ばしてウエストオアフへ!

ワイキキから足を伸ばしてウエストオアフへ!

ハワイ滞在中に1日はドライブデーを作っている人も多いハズ。その定番はやっぱりカイルアやノースショアになりますよね。しかし、観光客がなかなか訪れないエリアながら、ウエストオアフも負けてはいません。ハワイの歴史に欠かせないパール・ハーバーや、ディズニーホテルがあるアウラニなど、H1(高速道路)を使って西の旅へ!

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

旅・グルメ番組一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法