ジャンル別番組一覧

戦略のゴルフメインビジュアル戦略のゴルフメインビジュアル

2020年8月9日放送 芹澤プロがアドバイス!紺野ゆりさんの“スコアをあげる戦略”③

(#45より 7番-9番 都賀カンツリー倶楽部 出演:紺野ゆり)

戦略のポイント①「グリーンエッジから距離のあるアプローチは転がす」

7番ホール 142yのショートホール(レディースティー)
この日のピン位置は2段グリーンの奥で、紺野さんのティーショットはグリーン手前のカラーへ。ここからの第2打アプローチのクラブ選択が今回1つ目の戦略ポイントです。
グリーンが縦長形状の2段グリーンでピンまで30yの距離のあるアプローチ。
カラーからなのでパターかSWの2択で迷う紺野さん。2段グリーンの手前の段で止まることを避けるためにSWで2段グリーンの上段に直接キャリーさせる戦略を選択。この選択にスタジオの芹澤プロからは「最も難しい選択」との声が。

芹澤プロがアドバイス!紺野ゆりさんの“スコアをあげる戦略”③

結果2段グリーン上段にキャリーするもののボールは止まらず、グリーン奥のカラーへ。
ここで芹澤プロから距離のあるアプローチに対するアドバイスが。
「バンカーなどの障害物がない場合、基本的に転がした方がアプローチは距離感がイメージしやすいので、この場合PWか9Iで転がすイメージが良い」

芹澤プロがアドバイス!紺野ゆりさんの“スコアをあげる戦略”③
芹澤プロがアドバイス!紺野ゆりさんの“スコアをあげる戦略”③

また、転がしのアプローチを練習することで自然とロングパットの距離感も良くなるとのこと。
よくあるシュチュエーションなので皆さんも次回は是非”転がし”てみて下さい!

戦略のポイント②「クロスバンカーの打ち方」

9番ホール244yのミドルホール。

芹澤プロがアドバイス!紺野ゆりさんの“スコアをあげる戦略”③

距離は短いですがドライバーの落としどころに大きなクロスバンカーが設置されています。
このホール、紺野さんはティーショットでバンカー越えを狙いましたが、ボールが少しスライスしてしまいクロスバンカーへ。

芹澤プロがアドバイス!紺野ゆりさんの“スコアをあげる戦略”③

クロスバンカーから90yの2ndショットが2つ目の戦略ポイント。このショット、紺野さんはバンカーからのショットなので本来の距離より1番手大きいPWを持ってショット。結果クラブがクリーンに入らず、ダフってしまいます。
ここで芹澤プロからアドバイス。

芹澤プロがアドバイス!紺野ゆりさんの“スコアをあげる戦略”③

「1番手大きいクラブを持つのは有効ですが、併せていつもよりボールを1個分右足寄りに置くことでクラブを上から射れ、ダフらない様にするとよかった」とのこと。
ライが悪く、クリーンにボールにコンタクトしたい場合、ボールを1個分右足よりに置くのは使える技なので覚えておいて損はないですね!

これは#45放送回の一例です。

番組では、ゲストのプレーを見ながらプロが“戦略”の視点からアドバイス。毎回、戦略ポイントをお届けしています。

練習に加え、”戦略“という視点を持ちゴルフ脳を鍛えることでゴルフは効率的に上達します。「スコアを上げたい」方を戦略視点から応援するゴルフ番組です。

戦略ポイント

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法