ジャンル別番組一覧

戦略のゴルフメインビジュアル戦略のゴルフメインビジュアル

2020年5月3日放送 藤田プロがアドバイス!ゴルゴ松本さんの“スコアをあげる戦略”③

(#39より。成田ゴルフ倶楽部16番~18番。出演:ゴルゴ松本)

戦略のポイント①「難易度の高いショットほど目標設定をシンプルにする」

距離の長いパー3の16番ホール。ゴルゴさんのティーショットは隣のホールのラフ、グリーン右30ヤードの地点に。この日は雨模様の天気で、ラフは少々ぬかるみ、グリーンは狙えるものの難易度の高いアプローチが残り、これが今回一つ目の戦略ポイントに。

藤田プロがアドバイス!ゴルゴ松本さんの“スコアをあげる戦略”③

ここでゴルゴさんは52°のAWを使い、思い切って振りぬきます。
するとボールはピンをかすめ4m地点にナイスアプローチ。
スタジオで藤田プロもこういう難しいアプローチは寄せようとか難しく考えず、目標設定をシンプルに打つと良いとアドバイス。見事に実践できていたゴルゴさんでした。

藤田プロがアドバイス!ゴルゴ松本さんの“スコアをあげる戦略”③

戦略のポイント②「グリーンが狙えないセカンドでは飛距離よりもフェアウェイキープを意識する」

続いて17番ホール右ドックレッグ470ヤードのパー5。雨と気温の影響でいつもより飛距離が出ない今日のゴルゴさん。1打目持ち球のフェードボールが曲がりすぎフェアウェー右のラフへ。

藤田プロがアドバイス!ゴルゴ松本さんの“スコアをあげる戦略”③

ここでゴルゴさんの選択肢は①直ドラで木の下を抜いて2オンを狙う②3wで持ち球のフェードを生かし花道狙い③アイアンで木の左を抜きフェアウェイへの3つ。
最終的に②を選択。狙い通りのフェードボールも残り90ヤード地点のラフにボールは止まります。このシーンを見た藤田プロから「もし僕だったら4番か5番アイアンを使ってフェアウェーキープを意識する」とアドバイス。プロは3打目の距離よりも、フェアウェーキープを優先した方がグリーンを狙いやすいとのこと。

藤田プロがアドバイス!ゴルゴ松本さんの“スコアをあげる戦略”③

これは#39放送回の一例です。

番組では、ゲストのプレーを見ながらプロが“戦略”の視点からアドバイス。毎回2,3個の戦略ポイントをお届けしています。

練習に加え、”戦略“という視点を持ちゴルフ脳を鍛えることでゴルフは効率的に上達します。「スコアを上げたい」方を戦略視点から応援するゴルフ番組です。

戦略ポイント

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法