ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2020年5月28日公開 【Vol.22】藤永 佳昭選手/千葉ジェッツ

渡邉拓馬の「水曜バッシュ!取材後記」 藤永 佳昭選手/千葉ジェッツ

今回も新型コロナウィルスの影響によりオンラインでの対談となりました。本来ならばクラブを訪問し、アリーナ周辺やホームタウンの雰囲気も知りたかったのですが状況も状況ですので、クラブと選手の方々にご理解・ご協力を頂きましてオンラインでの取材をさせて頂く事になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

と言う事で、第22回の「水曜バッシュ!」ゲストは、千葉ジェッツの#15藤永佳昭選手でした!!またまたまた!元チームメイトの選手の登場となりましたが、皆さん最後まで読んでいただけると嬉しいです。笑

藤永選手とはアースフレンズ東京Z(現B2)で一緒にプレイしました。東海大学から来た彼は非常に礼儀正しかったこと、練習熱心だったことを覚えていますね。最初は年齢がかなり上の僕に気を遣って接してくれていたのですが、段々慣れてくると少しずつこのオヤジを舐めはじめていったと思います(笑)そんな彼の性格というか人間性が僕は非常に好きなので全然問題ないのですけどね。

彼とのプレーはとてもやりやすかったのを今でも覚えています。彼は当時から自分の役割を知っていました。派手なオフェンスでチームを牽引するのではなく、ディフェンスでチームに勢いをつけるということです。オールコートでプレッシャーをかけて相手の嫌がることをするディフェンススタイルは当時から全く変わっていません。今はそこにPGとして、ゲームコントロールする力やゲームを読む力が備わってきていて、かなり素晴らしい存在感を千葉ジェッツ内で出していると感じています。

正直オフェンスだけならば彼より良い選手はB1でたくさんいるでしょう。でもあのディフェンスとチーム内でのポジション(立ち位置)をしっかり自分で把握してパフォーマンスに繋げられる選手というのはあまり居ないと思います。また、毎シーズン着実にステップアップしている姿が本当に素晴らしくて、彼の姿を同じ境遇にいる若い選手たちに見て欲しいなという思いが非常に強いです。藤永選手は高校生の頃から怪我も多く、そこから色々な挫折を繰り返しながらも結果を出し評価されて来ました。彼がいまのポジションに至るまでに、自分の役割を見つけ出し、そこに向かってどう標準を合わせて行くのかという過程を皆さんにも知って欲しいなと思っています。

対談の中で「自分に頭にくることはあるけど、他にはないです」と話しているように、藤永選手は自分に対しては常に厳しいけども、その自分のことで周りの環境や人に当たることは絶対にしないんですね。これが選手として一番大事なことで、彼から学ぶべきところでもあります。一緒にプレーしていた頃はゲームコントロールも読む力も今ほど無かったと思いますが、彼は常に先輩に聞いたり質問したりしていました。その素直な態度が身を結んだのだと思います。

小野龍猛選手の後記でも書きましたが、自分に正直で素直な選手が本当に結果を出していくのだなと感じています。自分がもっと上手くなりたいならば、変なプライドは無くして上手くなれることなら何でも吸収しようという気持ちを持ったり、自分の今現在の実力を過大評価せずに真摯に受け止めて次に備えたりと、そういった正直で素直な行動が最終的に自分に返ってくるのだなと、千葉ジェッツの今回の2人と話していて感じました。

これから、多くの子どもたちがBリーガーを目指すと思うのですが、日本代表選手以外のこういった選手たちのストー リーを知るのも、ものすごく勉強になると思います。特に藤永選手の場合は素晴らしいお手本になると僕は感じています。もちろん小野選手も含め、今まで水曜バッシュに出ていただいた選手みんながお手本となるのですが、その中でも藤永選手のバスケに対する姿勢や想いは、見て学んで欲しいなと思います。表情やベンチでのチームメイトとのコミュニケーションの取り方、試合前のルーティーンなどなど沢山あると思いますので、来季はそういったところにも注目して欲しいと思いますし、もちろん彼の真骨頂でもあるディフェンスにも更に注目して欲しいですね。

「水曜バッシュ!」

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法