ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2020年8月31日公開 思い出の試合をプロが実況解説!「青春の宝プロジェクト」始動!

思い出の試合をプロが実況解説!「青春の宝プロジェクト」始動!

長い長い”冬”を越え、学生たちのもとに再びスポーツのある日常が戻りつつあります。代替試合やウインターカップ予選・U15選手権予選のスケジュールも、次々と発表されています。現役プレーヤーたちは様々な制限を受け入れつつ、新たなモチベーションで練習に励んでいることでしょう。

一方で、集大成となる大会を経験せず、失意のうちに引退した3年生もたくさんいます。『一般社団法人 スポーツを止めるな』は、このような学生たちに「部活は楽しかった」「これからも競技を続けたい」と思えるような働きかけを行う団体。その活動の一環として立ち上がったのが『青春の宝プロジェクト』です。

このプロジェクトは、コロナ禍によって引退試合ができなかった学生の試合映像に、トップ選手やプロのアナウンサーが実況解説をつけてプレゼントするというもの。時を経て、「コロナで大変だったけれど、あんなうれしいことがあったよね」と、ポジティブにこの状況を振り返るきっかけになれば…という願いが込められています。

富樫選手の登場に高校生たちはびっくり

富樫選手の登場に高校生たちはびっくり

笑顔を見せながら収録を行う富樫選手

 

そのお披露目としてスポットが当たったのは、静岡の強豪・藤枝明誠高校男子バスケットボール部(川崎の藤井祐眞選手、大阪の角野亮伍選手らを輩出)。千葉ジェッツの富樫勇樹選手と、Bリーグ中継でおなじみの松本圭祐アナウンサーが同校の試合を実況解説し、部員たちにサプライズ上映される様子がメディアに公開されました。

「大変な時期だからこそみんなで支え合い、その中で自分ができることで想いを伝えたいと考えました。バスケットを通じてできた仲間や思い出を大切にしてほしい。そう思ってこの活動に協力させていただきます」

富樫選手からのそんなメッセージからスタートした上映会。題材となったのは、静岡県新人戦決勝の飛龍高校戦でした。1ゴール差で藤枝明誠が敗れたこの試合は、3年生全員がウインターカップを目指す藤枝明誠にとって、絶好のモチベーションアップの材料です。

富樫選手はこの解説のために、静岡の高校バスケ部を指導する旧友に連絡を取り、両校の情報を入手してきたとのこと。「タフな状況でもしっかり足が動いていて素晴らしいですね」「もっとシンプルに打っていいと思います」といったプロならではのコメントを織り交ぜながら、自身の高校時代のエピソードやプレー論などもたっぷりと話していました。

富樫選手の登場に高校生たちはびっくり

資料もしっかり準備。本格的な試合解説となった

 

上映終了後、キャプテンの石橋永遠選手は「まさか、日本を代表する選手から試合を解説してもらえるなんて思っていなくて、びっくりしました」と率直な感想を話したのちに、「プロの目線で試合を見てもらったことで、すごく大事なことを学べました。特に、うちは走ることを大切にしているチームなので、そこを褒めてもらったことがうれしかったです」と続けました。

富樫選手の登場に高校生たちはびっくり

好プレーや珍プレーに一喜一憂しながら、実況解説付きの試合を鑑賞した

 

同チームには富樫選手の出身校である新潟・本丸中学校の卒業生も在籍しており、その1人の霜越洸太朗選手は「小中学生のころに、何度か富樫選手に教えてもらう機会がありました。新潟を離れた今も、またこんな形で関わることができてとてもうれしいです」と話してくれました。

目標に向けて、成長と情熱を止めるな!
藤枝明誠は、今回のコロナ禍で1ヶ月ほどの活動自粛を行い、一部の寮生は実家に戻りました。石橋キャプテンは「急にバスケができなくなったことで気持ちの面でも大変なところがあったけど、コロナが収束することを信じて過ごしていました」と当時の気持ちを振り返ります。

そのような時期を乗り越え、10月半ばからの開催が予定されるウインターカップ県予選に向けて練習を重ねる部員たちに向けて、金本鷹コーチが「大会が残っているお前たちにとってスポーツは止まらないけれど、そのかわり、成長や情熱を止めてはいけないよ」と語りかける姿が印象的でした。

藤枝明誠の目標は、ウインターカップのメインコートでプレーすること(つまりベスト8以上)。今回のサプライズを一つの糧に、ミッション達成に向けてがんばってほしいです。

富樫選手の登場に高校生たちはびっくり

藤枝明誠男子バスケットボール部の部員たち

「青春の宝」プロジェクトでは、同様の映像のプレゼントを希望するチームを募集しています。中学・高校の部活とそれに準じたクラブチームであれば、男女も実力も不問です。応募期間は9月20日まで。ご興味のある方は下記のバナーをクリックし、要項を確認してみてください。

大変な世の中になっても、スポーツを、バスケをすることをあきらめないでほしい。

筆者も同じ思いです。

一般社団法人 スポーツを止めるな

写真:一般社団法人 スポーツを止めるな
文:青木美帆

バスケ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法