ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2020年5月28日公開 B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20 をハイライト!(第二夜)

今年より導入された「新人賞ベストファイブ」。高校生Bリーガーとして話題を呼んだ河村勇輝選手が選出された(©B.LEAGUE)

今年より導入された「新人賞ベストファイブ」。高校生Bリーガーとして話題を呼んだ河村勇輝選手が選出された(©B.LEAGUE)

スタジオと選手たちをオンラインでつないだ生中継という、ごくごく新しい手法で開催された「B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20」。この記事では、第二夜の模様をダイジェストでお届けします。

本人も周囲も納得の選出だった新人王

第二夜の表彰は以下の通りでした。
 
・ベストタフショット賞
・BREAK THE BORDRER賞
・新人賞ベストファイブ
・最優秀新人賞
 
上記2つは例年通り。ベストタフショット賞は三河戦で劇的なブザビ逆転3ポイントシュートを決めた石井講祐選手(渋谷)が、BREAK THE BORDRER賞はAIシューティングロボット「CUE4(アルバルク東京)」と、Bリーグから初のNBA入りを目指す馬場雄大選手(元A東京)が選出されました。
 
ルーキー関連の賞は、今季から新しい装いに。ベストファイブを選出し、その中から最優秀を選出する仕組みとなりました。
 
前田悟選手(富山)コー・フリッピン選手(千葉)熊谷航選手(三河)河村勇輝選手(三遠)シェーファー アヴィ 幸樹選手(滋賀)の中から最優秀に選出されたのは、富山の前田悟選手。試合後の記者会見で「僕かなと思っていました」と笑って明かした、周囲も本人も納得の受賞でした!

新人王のたすきをかけて、ニッコリの前田選手(©富山グラウジーズ)

新人王のたすきをかけて、ニッコリの前田選手(©富山グラウジーズ)

学生時代から世代別代表に入るなど突出した能力を持っていましたが、どちらかというと玄人好みの渋いプレーヤーという印象が強かった前田選手。しかしプロの世界に飛び込むと、指揮官、チームメートの「思い切りやれ」という言葉に背中を押され、大暴れ。持ち前の得点力を見事に開花しました。

来季は相手チームからのマークも厳しくなることでしょう。よりいっそうの活躍を目指してがんばってほしいです。

河村選手のベスト5選出で見えた、新人選手規定のギモン
三遠加入時にさっぱり切った髪の毛が、自粛生活ですっかり伸びた様子の河村選手(画像撮影は筆者)

三遠加入時にさっぱり切った髪の毛が、自粛生活ですっかり伸びた様子の河村選手(画像撮影は筆者)

記者会見には、特別指定選手として三遠に加入し、バスケ界を飛び越えたセンセーションを起こした河村選手が登壇。たくさんの報道陣から質問を受けていました。

4月から東海大に進学した河村選手ですが、緊急事態宣言の影響を受けて、アワード当時は山口県にある実家で過ごしていた模様。オンラインツールを用いて、チームから課されたトレーニングや、大学の課題に取り組んでいると話してました。

さて、ここでちょっとした疑問が。河村選手は特別指定選手としてBリーグに参加し、この賞を受賞しました。ということは、もし来年以降、河村選手が特別指定選手制度を利用したり、各クラブと正式なプロ契約を結んだりした場合、彼はまた新人賞の選考対象に加わるのでしょうか?

Bリーグでは、新人選手を以下のように規定しています。
 

“新人選手とは、協会の基本規程第99条にいう外国籍選手に該当せず、かつ国内リーグ(NBL、bjリーグ、NBDL、B3)および海外リーグ(NBA Summer League含む)の在籍経験がなく、当該シーズンに初めてBリーグにリーグ登録された選手をいう。

なお、上記に基づき新人選手として扱われるシーズンにおいて、当該シーズン3月31日時点で22歳以下の選手は、B1およびB2リーグ戦の1シーズンの出場試合数が当該選手の所属するチームの行った試合の半分以下の場合、当該シーズンの翌シーズンも新人選手として扱うものとし、以後も同様とする。但し、当該選手が、インジュアリーリストに登録されていた期間を除き、1シーズンのすべてにわたってリーグ選手登録された場合は、当該シーズンまで新人選手として扱うものとし、翌シーズン以後は新人選手として扱わないものとする。”

 
要は、1シーズンにおける出場試合数が規定に満たない22歳以下の選手たちは、毎年新人選手の扱いになるというわけです。

規定の試合数を満たしはしなかったものの、河村選手がBリーグに与えたインパクトは、誰もが認めるところ。これはあくまで個人的な意見ではありますが、河村選手は新人賞ではなくBREAK THE BORDRER賞でもよかったんじゃないかと思ったりします(高校とBリーグという大きな垣根を飛び越して活躍したわけですからね)。

そして、もし現在の規定がこのまま継続路線となり、河村選手が来季もBリーグで活躍したとして、前代未聞の「2年連続新人賞」を受賞できるのかにも注目したいです。

画像提供:B.LEAGUE、富山グラウジーズ
文:青木美帆

バスケ情報

BS12おすすめ番組

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法