ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2019年12月10日公開 人生初の長期離脱にも泰然自若。ザック・バランスキー(A東京)の復帰までの道のり

人生初の長期離脱にも泰然自若。ザック・バランスキー(A東京)の復帰までの道のり

復帰戦の24日は6分51秒のプレータイムを得たザック選手。1アシストというスタッツを残した。

11月24日の渋谷戦は、アルバルク東京のザック・バランスキー選手にとって約2ヵ月遅れの開幕戦となりました。ザック選手は開幕前日の10月4日に負傷。右足の捻挫の治療のため、そのまま戦線離脱を余儀なくされたのです。

初めて経験したという長期離脱とそこからの復帰の道のりを、ザック選手はどのように歩んだのか。お話を聞きました(取材日:11月25日)。

――約2ヵ月ぶりにコートに立った心境を教えてください。
まずは、コートに入った瞬間の声援に、ファンの皆さんにすごく支えられてることを実感しました。ただ、昨日今日のゲームではプレーで何一つ結果を出せませんでした。100点満点で言ったら0点の出来です。シーズンも4分の1ほどが消化されましたが、今まで休んだ分を取り返すくらいの活躍を見せて、チームにもファンにも恩返しをしなければと思っています。僕はこんなものじゃ終わらない。あとは上がっていくだけです。

――2戦ともに非常にタフな試合でしたし、渋谷には東海大でともにプレーした仲間たちがいます。「もっとプレーしたかった」という気持ちはありましたか?
もちろんありましたけれど、怪我明けですし、あせっても仕方ないですし。渋谷とはまだ4試合残ってるので、そこで昨日と今日の分を返していければいいなと思います。

――ザック選手が、バスケットボールキャリアで大きな怪我をしたのは今回が初めてだそうですね。驚きました。
そうなんです。バスケットを14年プレーしていて初めての経験です。でも、スポーツには怪我がつきものですし、いつかはこういう日が来るとは思っていました。怪我を乗り越えて、もっと強くなるための試練だと受け止めています。

――長くチームを離れ、どんなことを感じましたか?
いつもとは違った感覚でチームを見ることができたのは良かったですね。「いつもこんなに激しくてすごいチームでプレーしているんだな」って客観的にとらえられたことで、アルバルクというチームにいる幸せを本当に感じました。一方で、チームを離れて毎日リハビリをすることはすごく大変でした。大きな怪我を経験した選手は、みんないつも辛い思いをしながらリハビリをしていたんだと、よくわかりました。

ちなみに、怪我をすると、早く復帰したくて無理する選手が多いそうなんですが、僕は逆にまったくあせりませんでした。こういう時は来ると思っていたし、あせってもいいことはないですし。僕のそういうとらえ方を見て、トレーナーには「お前は珍しいな」と言われました。

――「ケセラセラ」の精神ですね。
昔から「人生はなるようになる」と思っているタイプなんです。やるべきことをやれば、必ず結果はついてくると思っています。

――改めて、復帰したチームでどんなプレーをしたいと思っていらっしゃるのか、教えてください。
現状のコンディショニングはベストの7~80パーセントくらい。僕がコーチから求められているのは安定したプレーなので、チーム1安定したプレーができる選手として、完全復帰を果たしたいです。

文=青木美帆
写真=B.LEAGUE

バスケ情報

BS12おすすめ番組

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法