ジャンル別番組一覧

BS12水曜バスケ!メインビジュアルBS12水曜バスケ!メインビジュアル

2019年07月08日公開 超大型・超若手の男子日本代表チームに、太田敦也(三遠)が伝えたいこと

超大型・超若手の男子日本代表チームに、太田敦也(三遠)が伝えたいこと

若手主体の合宿にあっても、全力の気迫あふれるプレーを見せた太田敦也選手

現在、味の素ナショナルトレーニングセンターで男子日本代表チームの第二次合宿が行われています。

若手選手の強化育成に加え、7月12日からチャイニーズ・タイペイで開催される「ウィリアム・ジョーンズカップ」の代表選手選考を兼ねたこの合宿。7月3日のメディア公開日に彼らを見た最初の印象は「でかい!!!」の一言でした。マンドーレ・エルマンヘッドコーチの”サイズ重視”という意向で召集された、21人の選手の平均身長は195.5センチ、うち2メートルオーバーは8人! 練習中の5対5では、「190センチ、190センチ、197センチ、199センチ、204センチ」という、今までは考えられなかったようなビッグラインナップも実現しました。

史上まれにみる大型選手ぞろい。小さく見える佐古賢一アシスタントコーチ(左端)も180センチあります!

長年にわたり日本代表のインサイドを担い続ける206センチ、太田敦也選手(三遠)も、2メートルオーバーが大量召集されたことには驚いたよう。「僕が普通のサイズに見えますもんね。うーん、すごいことですよ」と素直な感想を語ったのちに、「うれしいことです」と目尻を下げました。

「国際大会ではこれまで散々、身長や能力でゴール下の戦いに負けてきましたし、こんなに能力のある、若くてでかいやつらが集まるなんて考えられませんでした。バスケ界の地盤がしっかりしてきたことや、伸びしろや可能性を感じますね。すごく楽しみですし、僕もうかうかしてられないと刺激をもらっています」

今回の合宿メンバーは平均年齢22.9歳と若手主体ですが、御年35歳の太田選手は、ワールドカップに向けた調整のため自ら志願して参加しています。「何をするにもトロいので、人より早く準備しないとダメなんです」と話すとおり、あくまでも自分のためではありますが、若く経験も少ない後輩センターたちに、自らの経験を伝えたいという気持ちも持っています。

若手選手たちと和やかにコミュニケーションをとる太田選手(左から2番目)。10歳以上年の離れた選手たちからもいじられる、愛されキャラだ

「スキルについては言うことはありませんが、ポジショニングなど、プレーしてみないとわからないような細かいところは伝えるようにしています。声を出してプレーすることもそう。『声を出せよ』と言うのは簡単だし、後輩たちも『わかりました』と返事するのも簡単。だからこそ、自分が当たり前に声をだす姿を見せないといけないなと思っています。こんなおっさんががんばって声を出していたら、あいつらもやらずにはいられないじゃないですか(笑)」

太田選手はジョーンズカップを「若手が国際試合の経験を積む貴重な大会」と表現します。その上で、「短い期間に試合が詰め込まれているので、けっこうハードな大会なんですよ。その中ででもしっかり戦えるようにがんばってほしいですね」と若手にエールを送ります。ベテランのエッセンスを吸収した若手センター陣が国際大会でどのように奮闘するのか、今からとても楽しみです。

文・写真=青木美帆

バスケ情報

高校バスケ夏の頂上決戦!インターハイに行ってきました

高校バスケ夏の頂上決戦!インターハイに行ってきました

2019年08月09日公開

先週は鹿児島県薩摩川内市に、インターハイの取材に行ってきました。「冷夏」とささやかれていた数週間前がウソみたいに暑い日々が続いていますが、南九州の暑さは関東よりいっそう強烈でした。湿度が高いのか、夕方~夜になっても熱が一切抜けない。風も吹かない。あの暑さを経験したことで、この夏を乗り切れる自信がつきました。

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法