ジャンル別番組一覧

BS12水曜バスケ!メインビジュアルBS12水曜バスケ!メインビジュアル

2019年05月10日公開 強豪校そろい踏み! 高校バスケ新シーズンを占う能代カップレポート

強豪校そろい踏み! 高校バスケ新シーズンを占う能代カップレポート

10日間にわたる大型ゴールデンウィーク、みなさんはどうお過ごしになられましたか? BリーグのチャンピオンシップやB2プレーオフでドキドキハラハラだった方も多いことでしょう。

私は前半を大学バスケ、後半を高校バスケの取材にあて、結局ほぼ休みなしの10日間でしたが、フレッシュな選手たちのがんばりに、逆に心の栄養をもらったように感じます(肉体的には年を感じずにはいられませんが……)。

今回はゴールデンウィーク中の取材から、高校バスケ春の風物詩「能代カップ」の話題についてお届けします。

「富樫の父」率いる開志国際が好スタート!

能代カップは、日本屈指の高校バスケの名門・秋田県立能代工業高校をホストチームに、全国の強豪校が3日間にわたって総当たりのリーグ戦を行う大会です。

今大会の最終結果はこちら。
優勝 開志国際高校(新潟)
2位 福岡大学附属大濠高校(福岡)
3位 中部大学第一高校(愛知)
4位 明成高校(宮城)
5位 洛南高校(京都)
6位 県立能代工業高校(秋田)
※詳細な結果情報は文末のURLを参照

035_002.jpg
中学時代は無名だった開志国際・ジョーンズ選手。今季はさらに恐ろしい存在になりそう

優勝を果たしたのは、昨年のインターハイで初優勝を果たした開志国際。富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)の父・英樹さんが監督を務めるチームは、
去年の主力が3人抜けたにも関わらず、非常に安定した試合運びが光りました。昨年からスタメンとして経験を積んだジョーンズ大翔選手(2年)、
ジョフ・ユセフ選手(3年)は今季も順調に成長中。高木拓海選手(3年)のクレバーさ、板澤明日起選手(3年)のハードワークぶりも素晴らしかったです。

035_003.jpg
新年度までは192センチの大型PGとしてプレーした福大大濠・横地聖真選手

勝ち数は開志国際と同じですが、直接対決に敗れて2位の福大大濠。今季は、200センチの木林優選手(3年)をアウトサイドから攻めさせ、インサイドは194センチの間山柊選手(2年)に任せるというユニークなスタイルを展開しています。今年からインターハイのレギュレーションが変更になり、福岡県の出場枠は2から1に。厳しい県予選を勝ち抜くヒントを、今大会で得たことでしょう。

035_004.jpg
洛南の小川敦也選手(2年)。父は長く新潟アルビレックスでプレーした忠晴さん

その他のチームも、本格的なシーズンインを見据えて多くの収穫や課題を得たようでした。
個人的には明成のダブルゴールデンルーキー、山崎一渉選手と菅野ブルース選手を見るのが楽しみでしたが、共にコンディション不良でメンバー外。
その一方で、彼らの欠場をチャンスに奮戦した選手がたくさん出たあたり、さすが強豪校だなぁと感心しきりでした。

ゴールデンウィークが終わり、高校バスケもいよいよ本格的なシーズンイン。このコラムでも随時情報をお届けしていく予定です。未来のBリーガーたちの活躍に、ぜひご注目ください!

◆能代カップ公式サイト
https://ncup.snowland.net/2019/

cB.LEAGUE
文・写真=青木美帆

バスケ情報

高校バスケ夏の頂上決戦!インターハイに行ってきました

高校バスケ夏の頂上決戦!インターハイに行ってきました

2019年08月09日公開

先週は鹿児島県薩摩川内市に、インターハイの取材に行ってきました。「冷夏」とささやかれていた数週間前がウソみたいに暑い日々が続いていますが、南九州の暑さは関東よりいっそう強烈でした。湿度が高いのか、夕方~夜になっても熱が一切抜けない。風も吹かない。あの暑さを経験したことで、この夏を乗り切れる自信がつきました。

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法