ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2019年03月13日公開 38歳にして3季連続出場中!新潟の鉄人・五十嵐圭の秘密

38歳にして3季連続出場中!新潟の鉄人・五十嵐圭の秘密

若々しい風貌と屈指の出場時間。ベテランということを忘れそうになる五十嵐圭選手

“バスケの貴公子”と聞いて、みなさんは誰を思い浮かべますか? 初年度開幕時は田中大貴選手(A東京)がテレビ局に「プリンス」と紹介され、今年2月にBリーグが行った「モテ男子企画」のトップを飾ったのは、渡邉裕規選手(栃木)でした。つい最近だと、岡田侑大選手(三河)が大学時代に「プリンス」と持て囃されていたことが、SNS上で話題となっていますね。

元祖・バスケの貴公子と言えば、やはり新潟アルビレックスBBの五十嵐圭選手でしょう。俳優顔負けのルックスと強気なプレーでファンの心をわしづかみにし、写真集を出した経験までお持ちです。日立サンロッカーズ(現渋谷)からトヨタ自動車、三菱電機と移籍し、2016年からは生まれ故郷の新潟に拠点を移しています。

3/9の渋谷戦では、10年ぶりくらいにインタビューする機会に恵まれましたが、38歳の男性とは思えないほどの肌のハリ! ツヤ!! 20代のときとの変わりのなさ!!! 

その圧倒的な若々しさに女としてちょっと落ち込みましたが、それより何よりすごいのが五十嵐選手の規格外のタフさ。Bリーグが開幕した2016-2017年シーズンからすべての試合に出場し、平均出場時間はB1所属選手中7番目の32:12分(3/12現在)。五十嵐選手以外のトップ10をすべて外国籍選手が占める中、日本人選手、そして38歳のベテランがこれだけ長くプレーしているというのは、驚愕の一言です。

現在中地区1位をひた走る新潟のフランチャイズプレーヤーに、その秘密を聞いてみました。

頼もしい仲間のおかげで、楽にプレーできている今季

bn029_002.jpg
大学時代からの頼もしい相棒、柏木真介選手の加入は心強かった

――ケガなく、長くプレーできている理由は何だと思いますか?
まずは自分自身が余裕を持てていることが大きいかもしれないですね。レギュレーションが変わって外国籍選手がオンザコート2になり、柏木(真介=五十嵐選手にとっては中央大、日立の後輩にあたるガード)が入ってきて、去年までの2年間よりもすごく楽になったなと。

「自分がプレーで引っ張らなければ」という思いはこれまでと変わりありませんが、まわりの選手たちが助けてくれるので、とにかく楽にプレーできています(笑)。ましてや、うちにはガードナー(ダバンテ・ガードナー)という大エースもいます。彼をうまく使って、気持ちよくプレーさせることは意識しているところです。

――体のケアや食事にも気を遣われていますか?
ケアは練習や試合のたびにしっかりやってもらっていますが、食事に関してはものすごくストイックというわけでもありませんね。好きな時に好きなものを食べて、飲んでいます。あまり食生活でストレスを溜めたくないので、楽しむようにしています。

――自然体で過ごすことも、秘訣の1つなのですね。
コートに入れば年齢は関係ないと思っています。プロのスポーツ選手は結果がすべて。ベテランだろうが若手だろうが、結果を出した選手がコートに立ってプレーするだけなので。何より、僕より年上の選手がまだまだ頑張っていますからね。ジェイアール(桜木ジェイアール=三河)や竹田さん(竹田謙=横浜)は、いいお手本です。僕もみなさんの背中を追いかけながら、これからもプレーしていければと思っています。

中地区首位も見据えるはCS。ディフェンスの課題を修正したい

bn029_003.jpg
2季連続の得点王を狙うダバンテ・ガードナー選手を中心に、初のCS出場に期す

――今後の抱負をお聞かせください。
今年のチームは、「チャンピオンシップ出場」という明確な目標があります。内容が悪くても勝ち切れる力がついてきたことを実感していたので、渋谷戦の2ゲームのようにズルズル負ける経験は、久しぶり。この連敗がいいきっかけになると思います。

順位は好調ですが、僕たちはまだ何も成し遂げていません。一戦一戦戦うことだけを考えて、持ち味のディフェンスを修正していかないと、チャンピオンシップに出ても勝ち上がるのは難しいと思います。このあとの試合でしっかり修正していきたいです。

cB.LEAGUE

文=青木美帆

バスケ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法