ジャンル別番組一覧

BS12水曜バスケ!メインビジュアルBS12水曜バスケ!メインビジュアル

2018年12月30日公開 【ウインターカップレポート07】圧勝Vの福岡第一を支えた「第三の男」

【ウインターカップレポート07】圧勝Vの福岡第一を支えた「第三の男」

古橋正義選手を筆頭に、福岡第一は全員が役割を果たして優勝を果たした

満員の観客が詰めかけた武蔵野の森総合スポーツプラザ。ウインターカップ最終日は男子3位決定戦と決勝が行われ、決勝では福岡第一高校(福岡)が85−42という圧倒的なスコアで中部大学第一高校(愛知)を破り、優勝を果たしました。

大会前は高速ガードの河村勇輝選手(2年)、大型オールラウンダーの松崎裕樹選手(3年)が大きな注目を受けましたが、2人の好選手だけで勝てるほどウインターカップは甘い大会ではありません。クベマジョセフ・スティーブ選手がリバウンドを奪い、2人が厳しいマークを受ける中で手薄になった小川麻斗選手(2年)や古橋正義選手(3年)がしっかりシュートを沈めたところに、チーム力の高さを感じました。

古橋選手は今年の夏、U18男子日本代表でチームを離れた松崎選手にかわってキャプテンを務めていました。しかし、河村選手も同じくU18で不在という状況で挑んだインターハイは、コンディション不良の選手の多さも手伝って初戦敗退。スタメン唯一の3年生で、松崎選手に変わって必死にチームを引っ張った古橋選手は、「負けた瞬間は何も考えられなかった」と振り返ります。

U18アジア選手権を終えた松崎選手と河村選手がチームに帰ってくると、チームはほっと一安心。しかし、古橋選手だけは違いました。

「帰ってきたと同時に『あの2人がいればどうにかなるだろう』という雰囲気になったので、『そんなことだからインターハイで負けたんだ』と言いました」

自身も2人に頼らないことを念頭に置きながら、シュートやディフェンスの技術向上に注力。その結果がウインターカップ県予選で福岡大学附属大濠高校のスコアラー横地聖真選手(2年)を7得点に封じ、準決勝の桜丘高校(愛知)戦で要所の3ポイントを沈める原動力となったのでしょう。

バスケットボールを始めたのは中学生から。都道府県ジュニアバスケットボール大会では優秀選手賞にも選ばれていますが、「あまり経験もなくて無名の選手だった」と古橋選手は自己評価をします。恩師のツテで福岡第一に入学すると、ポジションがセンターからフォワードに上がり、井手口孝コーチも驚くほどにアウトサイドのシュート力が向上しました。

1年時のウインターカップ中に、お父さんを亡くしました。優勝後にこみあげてきた涙には、お父さんへの思いもこもっていたのかもしれません。松崎選手、河村選手の後に控えた”第三の男”は、間違いなく福岡第一の陰のMVPでした。

bn018_002.jpg
スタメン中3年生は古橋選手と松崎選手のみ。苦楽を共にした同級生は堅く抱き合った

ウインターカップ公式サイト
https://wintercup2018.japanbasketball.jp/

バスケットLIVE(全試合配信)
https://basketball.mb.softbank.jp/features/3126

文・写真=青木美帆

バスケ情報

高校バスケ夏の頂上決戦!インターハイに行ってきました

高校バスケ夏の頂上決戦!インターハイに行ってきました

2019年08月09日公開

先週は鹿児島県薩摩川内市に、インターハイの取材に行ってきました。「冷夏」とささやかれていた数週間前がウソみたいに暑い日々が続いていますが、南九州の暑さは関東よりいっそう強烈でした。湿度が高いのか、夕方~夜になっても熱が一切抜けない。風も吹かない。あの暑さを経験したことで、この夏を乗り切れる自信がつきました。

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法