ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2018年12月26日公開 【ウインターカップレポート03】注目の一戦で失意の大敗。東山のルーキーは逆襲を誓う

【ウインターカップレポート03】注目の一戦で失意の大敗。東山のルーキーは逆襲を誓う

東山の1年生ガード・米須玲音選手。高い得点力も備えているが、福岡第一戦は6得点に終わった

男子2回戦屈指の好カードと目された福岡第一高校(福岡)×東山高校(京都)は、83−54で福岡第一が快勝を果たしました。

大会注目選手の一人に挙げられていた東山の1年生ガード・米須玲音選手はグダンラマベラ・モンゾンボ・クリスティン選手とのホットラインを福岡第一に封じられ、ターンオーバー12と大苦戦。逆に福岡第一のガード・河村勇輝選手に気持ちよく走られ、初めてのウインターカップは苦い思い出になってしまいました。

試合終了後、表情を崩すことなくコートを後にした米須選手。しかしタイムアップ後の心境について尋ねると表情が変化。約20秒にわたる沈黙で必死に涙をこらえたのちに、「これからはもっと強い気持ちで立ち向かっていかなければ、と思っていました」と低く小さな声を絞り出しました。

米須選手は昨年の「都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会」で準優勝した長崎県選抜のエースガード。決勝戦では最年少で男子日本代表入りした田中力選手(アメリカ・IMGアカデミー)とすさまじい得点合戦を繰り広げました。

小柄ながら華のあるプレーで魅せる彼を欲しがる強豪校は多いと予想していたのですが、聞いてみると「思ったより少なかった」とのこと。地元の高校と悩んだ末に全国上位進出を見込める東山を選び、入学早々からスタメンの座に定着。誘われなかった強豪校を見返すというモチベーションも抱えて、プレーしていると話します。

福岡第一も誘いを受けなかった学校の1つ。「だからこそ河村さんを倒してやろうという気持ちだった」と振り返りましたが、その気合いが空回りし、序盤から流れを渡してしまう結果につながってしまいました。

大きな大きな課題を持ち帰ることになった1年生ガード。フィジカルやスタミナの強化をはかり、「来年は日本一を目指して頑張ります」と力強く言い切りました。

ウインターカップ公式サイト
https://wintercup2018.japanbasketball.jp/

バスケットLIVE(全試合配信)
https://basketball.mb.softbank.jp/features/3126

文・写真=青木美帆

バスケ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法