ジャンル別番組一覧

BS12水曜バスケ!メインビジュアルBS12水曜バスケ!メインビジュアル

2018年12月18日公開 12/23開幕! Bリーグ目線で楽しむ高校バスケ頂上決戦「ウインターカップ」

12/23開幕! Bリーグ目線で楽しむ高校バスケ頂上決戦「ウインターカップ」

夏のインターハイを制した開志国際(新潟)。冬の頂点に立つのはどこか!?

12月も3週目に入り、すっかり年末ムードが漂ってきました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。今回はバスケ界における年末の一大イベント「ウインターカップ」についてです。

高校バスケの最高峰、ウインターカップ

ウインターカップは、毎年12月23日〜29日に開催される高校バスケの全国大会です。「全国高等学校バスケットボール選手権大会(All Japan High School Basketball Championship)」という正式名称が示す通り、高校バスケの王者を決めるウインターカップ。都道府県予選を勝ち抜いた47チームと、夏のインターハイのファイナリスト、開催地(東京都)の1チームを加えた男女各50チームが頂点を目指します。

Bリーグしかり女子トップリーグのWリーグしかり、トッププレーヤーの登竜門的大会とも言えるウインターカップ。なぜなら、両リーグで活躍するほとんどの選手が、この大会でプレーしているから。大会三連覇を達成した(つまり3年間ウインターカップで一度も負けなし!)栃木ブレックスの田臥勇太選手や比江島慎選手(ブリスベン・ブリッツ)、八村塁選手(ゴンザガ大)といった多くのスーパースターが誕生しました。

Bリーグのファンにとっては、未来のスターを先取りできる貴重な大会。会場(東京都調布市・武蔵野の森スポーツプラザ)やテレビ、ネットの放送でぜひご覧になっていただきたいです。

Bリーグファンのための注目ポイント

bn011_002.jpg
ウインターカップのみならず夏のインターハイ、秋の国体でも3連覇を達成した田臥選手

男女50チームがトーナメント方式で戦うウインターカップ。序盤は4試合が同時並行で進んでいくため、どの試合を見ればいいか迷ってしまいがちです。ここでは男子における、筆者の独断と偏見による注目ポイントをご紹介します。

1. 好きな選手の出身校に注目!
大好きなあの選手の原点は一体どこにあるんだろう…。そんなことを考えながら、出身校の戦いぶりに注目してみてはいかがでしょうか。彼らの高校時代と指導者が変わらないか、同じスタイルを踏襲しているチームをいくつか挙げます。

【県立能代工業(秋田)】
田臥選手、内海慎吾選手(京都ハンナリーズ)、満原優樹選手(サンロッカーズ渋谷)、長谷川技選手(川崎ブレイブサンダース)など

【明成(宮城)】
畠山俊樹選手(大阪エヴェッサ)、伊藤駿選手(渋谷)、安藤誓哉選手(アルバルク東京)など

【北陸(福井)】
五十嵐圭選手(新潟アルビレックスBB)、石崎巧選手(琉球ゴールデンキングス)、西村文男選手(千葉ジェッツ)、篠山竜青選手(川崎)、多嶋朝飛選手(レバンガ北海道)など

【中部大学第一(愛知)】
宇都直輝選手(富山グラウジーズ)、張本天傑選手(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

【福岡第一(福岡)】
並里成選手(琉球)、遥天翼選手(新潟)、鵤誠司選手(栃木)、狩野祐介選手(滋賀)など

もっとプリミティブなところに着目して、Bリーガーの「家族」を追いかけてみても。インターハイ優勝校・開志国際(新潟)男子の富樫英樹コーチは富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)の、県立徳山商工(山口)の中村浩正コーチは中村功平選手(滋賀レイクスターズ)のお父さん。県立小林(宮崎)の前村かおりコーチは前村雄大選手(バンビシャス奈良)のお姉さんです。顔を見てみれば「なるほど〜」となること間違いなしです(笑)。

2.未来のBリーガーに注目!
bn011_003.jpg
1年時にスタメンとして優勝を経験した福岡第一の松崎選手。有終の美を飾れるか?

数年後にBリーグに入団してくるだろう選手たちも、当然見逃せません! 優勝候補の福岡第一からはキャプテンの松崎裕樹選手。長崎出身の背番号24が目指すは、当然同郷の偉大なる先輩である田中大貴選手(アルバルク東京)。オールコートを駆ける脚力とダイナミックなプレーに注目してください。

U16、U18日本代表としても活躍した桜丘(愛知)の富永啓生選手は、驚異的なアウトサイドシュート力の持ち主。富永選手にシュートを打たせるために、コートにいる他の4選手が複雑に動き、シチュエーションを作ります。1回戦で対戦する県立広島皆実(広島)はあなどれない相手なので、ぜひ初戦からチェックすることをオススメします。

他にも大会屈指の技巧派ガード・河村勇輝選手(福岡第一)や、鋭い突破力でチームを勢いづける中村拓人選手(中部大学第一)、197センチの身長で3ポイントやドライブもこなせる和田蓮太郎選手(開志国際)なども将来性の高い逸材。今の段階からしっかり追いかけておいて、損はありません!

ウインターカップ公式サイト
https://wintercup2018.japanbasketball.jp/

バスケットLIVE(全試合配信)
https://basketball.mb.softbank.jp/features/3126

cB.LEAGUE

文・写真=青木美帆

バスケ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法