ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2018年12月11日公開 地元を盛り上げたい! 川崎、横浜がタッグを組んで展開する「神奈川ダービー」

地元を盛り上げたい! 川崎、横浜がタッグを組んで展開する「神奈川ダービー」

川崎・篠山選手(横浜市出身)、横浜・細谷選手(二宮町出身)の等身大パネルがお出迎え

現在、B1チームを複数抱える都道府県は3つあります。アルバルク東京、サンロッカーズ渋谷の東京都、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、シーホース三河の愛知県、そして横浜ビー・コルセアーズ(以下ビーコル)と川崎ブレイブサンダース(以下BT)の神奈川県です。

横浜と川崎はBリーグ発足時から「神奈川ダービー」を意識して試合をしてきましたが、今季は試合に先駆けた2クラブ合同記者会見を行うなど、その意識をより強調した取り組みを実施。言わずとしれた「スラムダンク」の舞台で、多くの競技人口を抱える「バスケット王国・神奈川」を、プロクラブから盛り上げようとしています。

エキシビジョンマッチ参加チームと両クラブの関係性

bn007_002.jpg
盛況だった「神奈川グルメフェス」。とどろきアリーナ周辺の名店も参加した

というわけで、今季1発目の神奈川ダービーとなった12月8日、9日の川崎×横浜の試合を見るため、とどろきアリーナに足を運びました。ご当地グルメ&ドリンクが楽しめる「神奈川グルメフェス」、今季の神奈川ダービー6試合を対象にした「観戦スタンプラリー」などの催しの中で、筆者が注目したのは県内高校生によるエキシビジョンマッチです。

8日はウインターカップ男子代表校・桐光学園高校と千葉代表の壮行試合、9日は川崎市の法政大学第二高校と横浜市の横浜清風高校の、高校生版「川崎vs横浜」が開催されました。実はこの3チームは、BTとビーコル双方に大きなゆかりを持っているチームです。

まずは、各チームにビーコルのジュニアユース出身者がいること。特に桐光学園はベンチ入り15人のうち実に8人がジュニアユース出身で、トップチームの試合にも多く足を運ぶ機会がありました。その1人である鈴木悠斗キャプテンは、「部活よりも細かいところまでていねいに指導してもらえた」と、トップチームへの憧れを募らせた当時を振り返りました。

一方で、Bリーグ初年度にはBTの篠山竜青選手が桐光学園の部員をホームゲームに招待する一幕も。桐光学園は川崎市にありながら横浜市在住者が非常に多いのですが、この効果もあってBTファンが増えたようです。

また、とどろきアリーナと同じ川崎市中原区に所在する法政二は、BTのホームゲームでコートワイパーを担当しています。いつも拭くだったコートにユニフォームで立つ感慨はひとしおだったようで、直前の練習では、この試合に出たいがために多数の選手が猛アピールをしたそうです。篠山選手を尊敬しているという今池翔大選手は、「自分も将来こういう舞台で戦いたいと思っているので、機会をいただけてすごくうれしかった」とプレーの感想を話しました。

bn007_002.jpg
フロアワイパーとしても活躍中の法政二の選手たち(カッコ内は好きな選手とその理由)。左から今池選手(篠山選手=前述)、高嶋隆之介選手(細谷選手=ミスが少なくて落ち着いてプレーしているから)、北山慶伍選手(篠山選手=チームを引っ張る姿勢。見た目もかっこいい)、吉澤凌雅選手(篠山選手=人間性のすごさ。試合後に『今日はありがとう』と声をかけてくれる)

ついでに言うと、法政二にとってビーコルの中村太地選手(法政大学3年)は、いつも隣のコートで練習している身近な存在でもあります。今池選手は「中村選手は練習がない日も必ず自主練をしている。大学生でプロになるというのはそういうことなんだなと思う」と話しました。

神奈川出身選手が語る、神奈川ダービーの今後

9日の試合終了後には、神奈川県出身の篠山選手とビーコルの細谷将司選手に、神奈川ダービーの今後について聞きました。

「ダービーと聞いてイメージするのは、ヨーロッパサッカーに代表される熱狂的な盛り上がり。僕たちもそういう盛り上がりを作るためにいろんなことにチャレンジしていきたいです。個人的には横浜さんと僕ら2チームだけではなく、高校バスケはもちろん、ミニバスや社会人、ママさんバスケとか、さまざまなカテゴリーを取り込みながら、みんなで盛り上がっていけるダービーにしたいです」(篠山選手)

「神奈川ダービーは、正直うちのチーム次第だと思います。うちが強くなればお客さんももっと入るし、もっと盛り上がるはずなので……。川崎さんは東芝時代から伝統のあるチームで、だからこそ勝ちたいという気持ちは強いです。勝って、いい試合をして、ちゃんとしたライバルとして認められる存在になっていきたい。そう強く思っています」(細谷選手)

今回の神奈川ダービーの来場者数は8日が3798人、9日が3803人とBTのホームゲームとしては伸び悩みました。しかし、全国屈指の人口&バスケット競技人口を誇る神奈川県のポテンシャルは、まだまだはかりしれません。両クラブの奮闘を、これからも興味深く見つめていきたいと思います。

©B.LEAGUE

文・写真=青木美帆

バスケ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法