ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2018年11月12日公開 B1きっての肉体派ガード! 秋田ノーザンハピネッツ中山拓哉

B1きっての肉体派ガード! 秋田ノーザンハピネッツ中山拓哉

プロ2年目ながらチームの顔として躍動する中山選手。182センチ82キロの太い体が武器だ

B1に一番選手を送り出している大学はどこだと思いますか?

筆者が各クラブのホームページを見て調査した結果、最多は東海大の25人。その後青山学院大(19人)、筑波大(13人)が続きます。

11月11日に国内最高峰の学生リーグ「関東大学リーグ1部」を制したばかりの東海大は、竹内譲次選手(アルバルク東京)、石崎巧選手(琉球ゴールデンキングス)、内海慎吾選手(京都ハンナリーズ)が4年生だった2005年に初の学生日本一を達成。その後も古川孝敏選手(琉球)や田中大貴選手(A東京)といった日本代表レベルの選手を育て続けています。

その中で今回紹介したいのが、秋田ノーザンハピネッツのガード・中山拓哉選手です。

超無名だった中高時代と 体づくりからブレイクした大学時代

bn006_005.jpg
11/7のA東京戦はチームトップの16得点。外国人センターとも堂々と渡り合った

陸川章ヘッドコーチの指導に憧れ、中学・高校でそうそうたる結果を残した選手がその門を叩く東海大。しかし、中山選手はスポーツ推薦ではなく付属高推薦組で、中学時代は県内、高校時代も全国では無名の選手でした。

同期入学のガードポジションにはウインターカップ優勝の寺園脩斗選手(三遠ネオフェニックス)や準優勝の伊藤達哉選手(京都ハンナリーズ)がおり、下級生の頃は常にAチームとBチームの当落線上にいるような状態。Aチームの選手が入る選手寮に入れず、大学近くで一人暮らしをしていました。

しかし、入学後から取り組み始めた体づくりが実を結び、ディフェンスとリバウンドでチームに貢献できる選手に成長。四年次には伊藤選手いわく「スタメンではないけれど一番プレータイムが長い選手」として活躍するまでに至りました。

中山選手が大学4年のとき、東海大に体づくりと栄養に関する取材を依頼したことがあります。東海大の選手は総じてこの分野の意識が高いのですが、その中でも特に意識が高いとスタッフの方が紹介してくれたのが中山選手。朝昼晩の三食に加え、起床時、朝食と昼食の間、練習前、練習直後、就寝前におにぎりを食べ、朝食にはコップ3杯の牛乳を飲んでいたそうで、インタビューに同席したスタッフの方も「お前、すごいな」と言っていました(笑)。

B1の舞台で楽しみにしている 同期の仲間たちとのマッチアップ

2017年、大学在学中に特別指定制度で秋田に加入し、2017-2018年は即戦力としてB1昇格に貢献した中山選手。ここまでは4勝11敗と厳しい戦いが続いていますが、中山選手は大学時代に培った体の強さを生かし、182センチの身長で2メートル級の外国人選手にマッチアップするという、彼にしかできないプレーを見せています。

冒頭で紹介した通りB1には東海大出身者がたくさんおり、中山選手は「元チームメートとマッチアップするのは楽しいし、気持ちも高まる」と話します。特に楽しみにしているのは同期の寺園選手、伊藤選手、関野剛平選手(レバンガ北海道)との対戦。ということで、寺園選手と伊藤選手から、対戦に向けてのメッセージをいただいてきました。

◆伊藤選手からのメッセージ(12/8.9に対戦予定)
bn006_003.jpg

「あの身長でリバウンドを取れる選手はあまりいないし泥臭さもあるけれど、何より彼がすごいのは、とにかく自信に満ちあふれていること(笑)。自分とマッチアップすると間違いなくフィジカルを前面に出してプレーしてくると思うので、ケガをしないようにします(笑)。楽しみにしています!」(伊藤選手より)

◆寺園選手からのメッセージ(12/29.30に対戦予定)
bn006_004.jpg

「拓哉の良さは誰よりも負けず嫌いなところ。大学時代の練習中もリバウンドやルーズボールに試合並みに突っ込んでいました。自分より1年早くBリーグでプレーしているけれど、それでも負けられない。マッチアップしたら、まったく攻めさせないくらいしっかり守りたいです!」(寺園選手より)

秋田ノーザンハピネッツ公式サイト
https://northern-happinets.com/

秋田ノーザンハピネッツ公式Twitter
https://twitter.com/akita_nh

中山拓哉選手Twitter
https://twitter.com/724taku

cB.LEAGUE

文=青木美帆

バスケ情報

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法