ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2020年11月12日公開 副音声レポート【後編】川﨑宗則「才能のある選手は野球もバスケも、いろいろなことをやるべき」、尊敬する田臥選手にラブコールも!

副音声レポート【後編】川﨑宗則「才能のある選手は野球もバスケも、いろいろなことをやるべき」、尊敬する田臥選手にラブコールも!

11月11日放送「三遠ネオフェニックス-大阪エヴェッサ」で副音声ゲストとして出演後、インタビューに答えた川﨑宗則選手

 

現役の野球選手でありながら、大のバスケットボール好きである「ムネリン」こと、川﨑宗則選手。ソフトバンクやメジャーリーグで活躍し、現在はBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに所属している。そんな川﨑選手が、BS12 トゥエルビで11月11日に生中継された「BS12 水曜バスケ!BリーグLIVE 三遠ネオフェニックスvs大阪エヴェッサ」の副音声企画にゲスト出演。試合終了後、川﨑さんにバスケットボールや野球の話を交えたインタビューを行った。

 

――かなりバスケットボールに造詣が深いように感じましたが、いつからバスケットボールに興味があったのでしょうか?
「小学5年生くらいから大好きで、中学校の時には一回だけバスケ部の練習にも行きました。シャトルランがキツくて、心臓が破裂するんじゃないかと思いましたね」

――ミニバスはされていたんですか?
「小学生の時はミニバスには入っていなかったけど、やってはいました。ストリートで。『ストバス』ですね」

――川﨑さんがバスケットボールをやっていたとしたら、どのポジションがいいですか?
「シューティングガードですね。ホーナセックの影響かな?でも実際わかんないですね。僕が野球でショート守っていたのも監督が適性と思って決めたものだから、僕の適性はどこだったんですかね?ミニバスとかやっていたら監督とかコーチが適性を教えてくれただろうけど、僕は『ストバス』だったからわかんないです…。ミニバスからやり直します!」

――好きな選手にジェフ・ホーナセックを挙げていましたが、NBA好きは子供の頃から?
「ジョーダンやシカゴ・ブルズがきっかけでハマっていきました。実はアメリカにいた時、現地のインタビューでホーナセックが好きだって言ったら、みんな『シブッ』って感じのリアクションをされましたね。他にもカール・マローンとかジョン・ストックトンとか、ユタ・ジャズの1995、1996年頃の選手を言うと驚かれますね」

――大阪エヴェッサのアイラ・ブラウン選手はMLBドラフトに指名されたこともあるプレーヤーですが、アメリカだとバスケットボールも野球もやっている学生が多いですよね
「そういう選手が多いですよね。才能のある選手は一つに絞らず、どちらもやる」

――日本の場合だと、どちらか一本に専念することが多いです
「そうですね。野球やって、坊主になって、甲子園行って、ずっと野球だけ。全然良くないよ!もっと好きなことやるべき!バンドとか音楽もやっていいし、僕中学の時はベースもやっていたんですよ。高校行ったらさすがにバレて辞めちゃいましたけど。そんなルールに囚われる必要なんてないから、若い人は野球だけじゃなくて、いろんなことをやるべきだと思いますよ」

――他のスポーツとかからいろいろな技術や戦略を学ぶこともあると思います
「その通りですよ。大きくなってその道を極めようとなった時に専念すればいいだけで。若い内はいろいろと体が動いて、思考もめちゃくちゃ柔らかい時なので、いろんなことをやるべきだし、いろんな人に会うべきだね!」

――栃木にはB1の強豪、宇都宮ブレックスがあります。副音声企画で田臥勇太選手に「是非一緒にトレーニングを!」と呼びかけていました。田臥選手とは年齢も近い(田臥選手が1歳上)ですよね?
「あんなレジェンドに会ったら震えるよ、マジで!日本人初のNBAプレーヤーですからね。田臥さん、会いたいですね。宇都宮市と、(栃木ゴールデンブレーブスのスタジアムのある)小山市で近いので、いろいろと考えも聞きたいし、一緒にトレーニングもしたいですね。(副音声企画で一緒だった)渡邉拓馬さんとかバスケを極めてきた方々の話ってすごくおもしろいし、いい刺激になりました」

――初挑戦となったBCリーグ、振り返ってみてどうでしたか?
「去年の半年間は台湾にいて、今年はコロナの影響でなかなか行けず、それでもトレーニングは続けていた中で、栃木ゴールデンブレーブスに声をかけてもらって、この2ヶ月すごく充実していました。一人でトレーニングするにも限界があるし、チームでの練習がまたできたことはすごく嬉しかったですね。野球っていうのはチームで動くスポーツなので、そこでいろんな連携も取れて、また野球のおもしろさに気付きました。18歳と40歳近い僕とが、普通だったらコーチとかなのに、一緒に練習やれるってことも新鮮で嬉しくて。「ジジイだけどどう?」って若い選手に言うと、「ジジイには見えないです」って言ってくれる。それで「またまた、うまいな〜」って機嫌良くなっちゃたりしていましたね」

――10月でBCリーグが終わりましたが、野球の他にこれからやってみたいことはありますか?
「まさしくバスケでしょ!バスケしたり、音楽も好きなので、もう一回ベースを始めてみたり、いろいろやってみたいなと思います」

――これからはちょうどバスケットボールのシーズンです
「地域の方とかが、秋で野球が終わったら、次はバスケのブレックスを応援しようとかってなったらいいよね!そうやって球界とバスケ界が繋がって、お互いハッピーになったり、感じるところがあると思うんですよね」

――川﨑さんは副音声中継で、ピンクの髪色が特徴的な三遠のサーディ・ラベナ選手を「ピンキー」と呼んでいました。バスケットボール界にも「ムネリン」のようなニックネームがあるとより親しみやすくなるかもしれないですね
「ラベナ選手の名前がどうしてもすぐに出てこなくて、つい『ピンキー』って…。僕は子供とかも『ムネリン』って呼んでくれるのがすごく嬉しい。『川﨑』より『ムネリン』って呼ばれる方が嬉しいし、みんなも声かけやすいしね。是非、次の副音声中継では選手のあだ名を付けさせてください!雰囲気一本、ひらめきでやりますよ!(笑)」

 

「BS12 水曜バスケ!」は毎週水曜19時(※試合の際は異なる)から放送。Bリーグ中継のほか、Bリーグの見どころや学生バスケ情報など幅広くバスケットボールの魅力を紹介している。
■番組HP https://www.twellv.co.jp/program/sports/bleague/
■番組公式Twitter https://twitter.com/bs12wdbasket

 

記事提供:ココカラネクスト

収録ウラ話

BS12おすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法