ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2020年4月2日公開 高校生Bリーガー・河村勇輝や日本代表を育てた、高校バスケ名門校の強さの秘訣

高校生Bリーガー・河村勇輝や日本代表を育てた、高校バスケ名門校の強さの秘訣

バスケットボールの魅力を紹介するテレビ番組「BS12水曜バスケ!」で行われている、全国の高校バスケ強豪校を紹介するコーナー「輝け!高校バスケ」。

超高校級のスピードとテクニックでBリーグデビューを果たした福岡第一高校の河村勇輝選手の活躍など、ますます高校バスケに注目が集まっている。

同番組では、令和初のウインターカップ覇者となった男子の福岡第一高校や女子の桜花学園高校などに密着。その強さの秘訣に迫った。

福岡第一の強さを支える地獄のメニュー

福岡第一(福岡)は、河村勇輝選手を擁し、2018&2019ウインターカップ、2019インターハイで優勝した、男子高校バスケの頂点に君臨する最強チーム。

井手口孝監督はチームのバスケットスタイルを、「一生懸命走って、一生懸命守る。走るバスケットは創部以来変えずにやり続けています」と話し、そのため、練習からオールコートを使い、体力作りを重視している。厳しい練習の中でも特に選手たちに恐れられているのが、「33秒」という練習メニュー。33秒以内にコートを3往復するメニューで、河村選手さえも「20本連続で走ったりするので、ちょっと落ち込むこともあります。けれど、チーム全員で乗り切ろうとやっています」と唸る。

そんなオールコートを使った練習が行えるのも、バスケ部専用の広い体育館があってこそ。そんな学校の協力に感謝し、毎日選手たち全員で施設の隅々まで掃除するのが創部以来の伝統となっている。選手は「ゴミひとつ落ちていたら拾うとか、そういうところはルーズボールひとつ、リバウンドひとつに繋がる」と、普段の行動から意識を高く持って行動しているところが強豪校ならではの強さだ。

https://www.twellv.co.jp/program/sports/bleague/kagayake/kagayake-001/

桜花学園は1学年8人のみの少数精鋭集団

インターハイ優勝24回、ウインターカップ優勝22回を誇る桜花学園高校(愛知)。昨年は3年ぶりにウインターカップを制し、14回度目となるインターハイ、国体、ウインターカップの高校三冠を達成した、高校女子バスケの頂点に君臨し続ける女王。元日本代表のレジェンド・大神雄子や渡嘉敷来夢など、多くの日本代表を輩出した。

しかし、部員は1学年8人程度と、全国からトッププレーヤーが集まる強豪校にしては意外にも少ない。その理由は、寝食を共にし、チームワークを高めている寮生活。寮には24人しか入れないので、1学年8人までと決まっている。選手にとっては順番待ちが少なく、たくさん練習できるというメリットがある。選手たちは、「上下関係もなく、みんな楽しくやっています」「コミュニケーションを取ることが大事。バスケは先輩後輩もなく、笑顔でいるのが一番」と寮生活について語り、コート外でも絆を深めている。

チームを率いる井上眞一監督は「だいたい部員は僕がスカウトをかけて入ってくる。入学する段階で日本一になりたいという気持ちの子が入学してくるので、選手たちのモチベーションは高い」と話す。監督直々に入学前から卒業まで目をかけることで、少数精鋭、集中指導が行えることが桜花の伝統で、強さの秘訣だ。

春は出会いと別れの季節。高校3年生は次なるステージへ進み、新たに未来のスター候補が入学してくる。日本のバスケットボール界を明るく照らす、高校バスケにこれからも注目だ。

https://www.twellv.co.jp/program/sports/bleague/kagayake/kagayake-013/

記事提供:ココカラネクスト

収録ウラ話

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法