ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2019年12月18日放送 ブースターを魅了するBリーグの超絶ボールハンドラーは?

ブースターを魅了するBリーグの超絶ボールハンドラーは?

バスケシーズン真っ只中、Bリーグは中盤戦へ突入。そんなBリーグの中継や見どころなどを紹介する番組「BS12水曜バスケ!」が注目する、卓越したハンドリング技術を持つハンドラー5を独自にセレクト。

富樫勇樹(千葉ジェッツ)
昨シーズンのMVPは言わずと知れたテクニシャン。左右に大きく揺さぶりをかけながら敵を抜き去るドライブは大きな特徴だ。トップスピードから一気に敵を抜き去り、味方の得点をお膳立て。さらに今シーズンは1試合14.7得点で日本人選手トップ。世界基準のプレーで会場を沸かせている。

並里成(琉球ゴールデンキングス)
巧みなボールハンドリングから得点を重ねる、西の王者の司令塔。独特のリズムからゴール下に果敢に攻めるのが特徴。その縦に攻めるドライブを支えるのが、体幹の強さ。相手に当たってもお構いなしで、ハードアタックが魅力だ。また、クイックネスは選手の間でもリーグNo.1と言われるほど、高いテクニックを併せ持つ。

宇都直輝(富山グラウジーズ)
身長191cmの大型ポイントガード。長い手足を生かし、一気にゴール下に入りシュート。高いオフェンス能力でもチームを牽引している。そんな宇都選手の代名詞といえば、ドライブで敵を引きつけてのパス。今シーズンはここまでリーグトップのアシスト(今季平均6.8アシスト)を記録し、自身3度目となるアシスト王も視野に捉える活躍だ。

ライアン・ロシター(宇都宮ブレックス)
つい先日、日本国籍を取得したロシター選手。2m6cmと長身ながら、センターとは思えない身のこなしで得点を量産。左右どちらの手からも高確率で得点を決めるなど、多彩な得点パターンを持っている。今季平均19.0得点(リーグ7位)、5.1 アシスト(リーグ8位)、12.2リバウンド(リーグ1位)、1.9スティール(リーグ5位)など、主要なスタッツでリーグ上位に位置している。

伊藤達哉(大阪エヴェッサ)
今シーズン京都から大阪に移籍した、リーグ屈指のスピードスター。ボールを持ったらリングに向かって一直線。さらに、巧みなボール捌きで味方にパスを供給し、得点を演出。変幻自在のドライブで、西地区首位を快走する大阪の原動力となっている。

スピードとテクニックに長けたハンドラーでも、特徴は千差万別。卓越した技術と華麗なプレーでファンを魅了し、リーグを盛り上げる。

次回12月25日の「BS12水曜バスケ!」は、富山グラウジーズVS川崎ブレイブサンダース戦を生中継。主音声は水曜バスケオリジナルの実況として、ゲストにおのののかがさんを迎えて放送する。

記事提供:ココカラネクスト

収録ウラ話

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法