ジャンル別番組一覧

BS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアルBS12 水曜バスケ!(Bリーグ)メインビジュアル

2019年10月02日放送 40歳目前の田臥勇太が考える「自身の伸びしろ」とは?元日本代表の渡邉拓馬さんと夢の対談

40歳目前の田臥勇太が考える「自身の伸びしろ」とは?元日本代表の渡邉拓馬さんと夢の対談

Bリーグの中継や見どころなど、幅広くバスケットボールの魅力を紹介する「BS12水曜バスケ!」が、10月3日のBリーグ2019-2020シーズン開幕を直前に控えた10月2日に、2シーズン目の放送を開始した。

Bリーグ開幕直前スペシャル企画として、同番組の解説で元日本代表の渡邉拓馬さんと、宇都宮ブレックスの田臥勇太選手の夢の対談が実現した。

渡邉さんと田臥選手は学年で2つ違い。高校時代にウィンターカップ決勝で対決したライバルであり、田臥選手がNBAに挑戦する前、スーパーリーグ時代にアルバルクで1年間チームメイトだったという盟友だ。

「当時、こんなことになるとはね(笑)」と笑顔で始まった、日本バスケットボール界のレジェンドによる対談。現在もBリーグを牽引する田臥選手に、先輩である渡邉さんが話を聞いた。

渡邉:昨シーズン振り返って。序盤で怪我をして休んでしまった。

田臥:非常に悔しい結果に終わってしまった。試合に出られないのはつらいし、どれだけバスケットが好きかということを改めて感じることができた。仲間と一緒にバスケしたいし、ファンの方に「早く戻って来てください」という言葉を掛けてもらって、そういうのが励みになりました。宇都宮に来て今シーズンで12年目ですけど、みんな温かくてありがたいですよね。

渡邉:具体的に現役はいつまでやりたい?

田臥:一年でも長くやりたいという思いでやっていますね。バスケをやっていると楽しいし、歳を重ねてわかることもある。

渡邉:それがすごいと思う。僕はやるたびに苦しくなって、重圧に押しつぶされそうになって、そういうモチベーションだと申し訳ないな、という思いがあった。年々楽しくなるというのが素晴らしい。これからまだ伸びると思うところは?

田臥:いっぱいありますよ。オフェンスもディフェンスも、間合いの取り方だったり。スペーシングも一歩ずれるだけで違ったりする。そういう細かい部分の奥深さが、やればやるほど分かってきた。ボールを持っていないところの合わせ方だったり、見方とか。これが歳を重ねることだなと思いますし、面白さがまたある。速さでいけない分、どう補えるか。

渡邉:昨シーズンは渡邉(裕規)選手、遠藤(祐亮)選手の活躍が光っていた。

田臥:ナベに関しては、チームを毎試合引っ張ってくれた。満身創痍で大変な思いをさせてしまったけど、自分のプレーを貫いてチームのためにやってくれたのはありがたい。今シーズンさらに成長した彼を見られると思う。遠藤に関しては、彼がディフェンスの賞(ベストディフェンダー賞)をとったのはさすがだなと思ったし、シーズンベスト5に選ばれたのは本当に嬉しかったですね。このベスト5でさらに自信をつけてもらえたらいいなと思います。

渡邉:昨シーズンは途中から比江島慎選手が入ってきて、どんな思いが?

田臥:持っているものは非常に素晴らしいので、やれるのはみんな分かっているし、やってもらわないと困る(笑)。昨シーズンは途中から来たことで彼も気にしたり、考えることも多かったと思うけど、今シーズンは最初からスタートできるので。コントロールとかはこちらがするから、得点取って来てくれと。

渡邉:去年ベンチからチームを見ていて、どんな心境だった?

田臥:一人一人が自分の仕事は何なのかというところを、毎試合考えて徹底して取り組んでいましたね。みんなで一つになって、毎試合勝利を勝ち取ろうと。チーム全体が慌てずにやっていたイメージがありました。いい経験になったと思う。みんなで自分たちのバスケをやろうと徹底していたのは、今年につながる。

渡邉:今季の目標は?

田臥:どれだけ最後に勝ちきれるかというところが長いシーズンで大事。チャンピオンシップに入ったら戦い方がガラッと変わるというのは、ここ3年間で経験してきているので。しっかりとレギュラーシーズンを戦い抜いて、最後まで成長し続けられるシーズンにして、みんなで優勝を勝ち取りたいなと思います。

VTRを受け、スタジオの番組MCおのののかさんは「怪我によってバスケができない時期から、まだまだバスケがしたいという気持ちが強くなったというところが印象に残った。38歳でまだまだ伸びるところがあると自覚しているというところがさすがだなと思った」と感銘を受けると、インタビューを行った渡邉さんは「年々バスケットが楽しくなっているという言葉も響いたけど、自分のことより最初にチームメイトのことを褒めたり、話したりする。それが彼の良さ。彼のような人がいるから、ああいうチームが出来上がるんだなと感じた。一緒にプレーしていた時と比べると、表情が全然違う。当時は今の八村選手のようなフィーバーがあって、プレッシャーもあったんじゃないかなと感じ取れる表情もあった。今は純粋に楽しんでいる表情をしている」と、日本バスケ界を引っ張るベテランのバスケに対する姿勢、情熱を称賛した。

熱く盛り上がった対談の後半は、次週10月9日の「BS12水曜バスケ!」で放送する。

 

記事提供:ココカラネクスト

収録ウラ話

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法