ジャンル別番組一覧

BS12水曜バスケ!メインビジュアルBS12水曜バスケ!メインビジュアル

2019年05月15日放送 千葉ジェッツ富樫勇樹が子供達に勇気を与えるBリーグ3代目MVP

千葉ジェッツ富樫勇樹が子供達に勇気を与えるBリーグ3代目MVP

5月15日に「B.LEAGUE AWARD SHOW 2018-19」が六本木ヒルズアリーナで行われ、今シーズンのBリーグを代表する選手が顔を揃えた。

同アワードを生中継した「BS12 水曜バスケ!」では、番組MCのおのののかさん、田中大貴さん、解説で元日本代表の渡邉拓馬さんが今シーズンを振り返りながら副音声放送を行った。

3シーズン目となるBリーグ、そしてW杯とオリンピック出場を決めた男子日本代表の軌跡をたどる映像が流れると、おのさんは「オーストラリア代表のユニフォームが栃木のレモン牛乳に似ているので、飲む度に日本代表対オーストラリア代表戦のことを思い出す。この試合は本当にすごかった」と、副音声ならではのゆる〜い表現で激闘を回顧。

年間チャンピオンに輝いたのは、2年連続2回目となるアルバルク東京。アルバルクOBの渡邉さんは「アルバルクの練習は厳しい。選手はほぼ1日コートにいる。それがシーズン中も続く。普通は考えられない。午前中はシューティングや確認がメインで午後はひたすらバスケットボールとウエイトトレーニング。メディアのインタビューの時間も取れないほど、ずっと練習している。オフシーズンからシーズン始まる前の練習に入る時が本当にツライ。それが嫌で辞めました(笑)」と衝撃の引退理由を告白。また、アルバルクの正中岳城キャプテンがチームを代表して挨拶を行うと、「彼のスピーチは本当に素晴らしい。僕の引退の時もスピーチをしてくれた。彼の後にスピーチをしたくないくらい。トヨタ自動車社長の豊田章男さんも絶賛していた」と明かし、おのさんは「私だったら結婚式のスピーチをお願いしたい」と期待を膨らませた。

レギュラーシーズンベストファイブには千葉ジェッツの富樫勇樹選手、アルバルク東京の田中大貴選手、シーホース三河の金丸晃輔選手が3年連続3回目の受賞、新潟アルビレックスBBのダバンテ・ガードナー選手、栃木ブレックスの遠藤祐亮選手が初受賞した。

副音声を担当した三人は注目のMVPを、「インパクトでいうとダバンテ・ガードナー選手」(おの)、「富樫勇樹選手」(渡邉)、「富樫選手か田中選手」(田中)と予想。ベスト5の中から最多得票を獲得した千葉ジェッツの富樫勇樹選手がMVPに選ばれた。

富樫選手は「チームメイト、コーチングスタッフ、ブースター、フロントスタッフ、ボランティア、Bリーグに関わるすべての人のおかげで選手全員が思い切りプレーできています。レフリーの方々にはいつも文句ばかり言って申し訳ないのですが、レフリーの方もいつもありがとうございます。(恩師の)中村先生には『バスケ界のカズになれ』という言葉をいただき、高校からアメリカに留学しました。その言葉に少し、ほんの少しだけ近づけたのではないかと思っています。167cmとバスケットでは小さい身長ですが、だからこそ子供たちに勇気や希望を与えられるのではないかと頑張っています。たくさんの人のサポートのおかげでいまの自分があります。いろんな人に感謝の気持ちを忘れず、今後も大好きなバスケットをやっていきたい。この一年ちょっとで今までのバスケット界が経験したことのない大きな大会が2つあります。皆さんと日本一丸で戦い、子供達に日本代表、そしてBリーガーになりたいと言ってもらえるような環境を作るのが選手としての役目だと思っています。これからも努力して子供達のお手本になれるプレーヤーを目指してやっていきます。このMVPは自信になり、今後のモチベーションになります。一緒に日本バスケット界を盛り上げていきましょう」と、喜びを口にした。

それを受けて、おのさんは「泣いちゃいそうになりました。小さい子供達が富樫選手の背中を見てバスケットを頑張っていくんだろうなと思うと、夢と希望が広がりました」と話し、渡邉さんは「レフリーのことから日本一丸まで、日本のことを考えたコメント。思いが伝わるいいコメント」と称賛した。

「BS12 水曜バスケ!」の来シーズンは10月2日からスタートする。

 

記事提供:ココカラネクスト

収録ウラ話

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法