ジャンル別番組一覧

プロ野球中継 2019(BS12 無料放送・視聴)メインビジュアルプロ野球中継 2019(BS12 無料放送・視聴)メインビジュアル

2019年09月19日公開 「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ

「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ


 誰も予想しなかった事態が起こった。7月に新加入し、自慢の強肩で幾多のピンチを救ってきたロッテのレオネス・マーティン外野手(31)が9月6日、ソフトバンク22回戦(ヤフオクドーム)で来日初の「1番・中堅」で起用されたが、2イニング続けて平凡な飛球を落球。いずれも失点につながった。

 まずは五回、無死一塁から松田宣が放った、やや右中間よりの飛球を落球。無死一、二塁とピンチが広がり、その後、甲斐の適時打で先制を許した。さらに0―1の六回2死一塁、内川が放った飛球は中堅やや後方への何でもない当たりだったが、マーティンはまたしても落球。一塁走者のグラシアルが一気に生還し2点目。この日は、相手先発の千賀にノーヒットノーランを達成されただけに、あまりに大きな2失点となった。

 試合後の右翼席では、ソフトバンクの私設応援団の一部が、普段は活躍した選手の応援歌などを歌って盛り上がる〝二次会〟で「いいぞ、いいぞ!マーティン!」、「マーティン狙え!ホークス!」といった不適切なコールをしたことで翌日、球団から厳重注意を受け、公式サイトで謝罪文を発表する事態にまで発展。その中傷がマーティンの耳に入ることはないが、メジャー通算8年間で770試合に出場するなど実績豊富な助っ人が「これまで野球をやってきて、最悪の一日でした」と明かすほど、悪夢の試合となった。

 失意のどん底にいたマーティンを救ったのは、ファンから届いた一通のメッセージだった。試合後もショックを隠せず、チームバスとは別に球場を後にした。うつむいた先にあったスマートフォンに、ツイッターを通じて英文のダイレクトメッセージが届いていた。

 『あなたに対していろいろ厳しいことを言うファンもいるかもしれないけど、それはあなたがチームを助けてくれると信じているからだよ。きょうはあなたの日ではなかった、それは仕方がないこと。私はあなたのファンの一人として、これからも支え続けたいと思っている。シーズンはまだ続く。これからもあなたの強肩とパワフルな打撃を見せてください(日本語訳)』

 面識はない、一ファンからの励ましの言葉を、マーティンはすぐにメモ帳のアプリに保存。感謝の言葉とともに、その文面を自身のインスタグラムに投稿すると、そこへさらに激励のコメントが200件以上届いたという。慣れない日本でミスを犯し、どれだけ孤独な思いでグラウンドに立っていたことだろう。自分は一人ではない、そのメッセージが何よりうれしかった。

 感謝の思いを胸に、マーティンは翌日、豪快な11号2ランを放った。「つらい一日から切り替えて、結果が出てよかった」。もう大丈夫。マーティンが力強く、異国でプレーする。

パ・リーグ特集

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法