ジャンル別番組一覧

プロ野球中継 2019(BS12 無料放送)メインビジュアルプロ野球中継 2019(BS12 無料放送)メインビジュアル

2019年06月11日公開 オリックス・K―鈴木 カンボジアにいる同級生、杉山丈一郎さんに届ける快投

5月18日の西武戦(京セラドーム大阪)。オリックスのプロ2年目、K―鈴木(鈴木康平)投手が、今季4度目の先発でようやくプロ初勝利を挙げた。

 25歳の右腕は、5回⅔を3安打1失点。制球が乱れ、苦しい投球だったが、やっと、ウイニングボールをゲット。「率直にうれしいです。内容的にはなんとか悪いなりに、という感じで。試合を作れたのは、(バッテリーを組んだ捕手の)高城のおかげです」と振り返った。

 今季初先発した4月28日の西武戦(京セラ)から、4度目で初白星。何度も試合を作りながら救援陣が逆転を許すなど、勝ち星に恵まれなかったが、実家のある千葉から観戦に来ていた両親の前で、念願の1勝目をマークした。
 4人兄弟の末っ子。長男に影響を受け、対抗心を燃やしながら千葉明徳高、国際武道大で野球を続けた。小学校時代には少年サッカーチーム、中学時代には陸上部に所属と二足のわらじを履きながら、高い身体能力をさらに伸ばしてきた。

 K―鈴木には、切磋琢磨してきた同じプロアスリートがいる。中学校まで同級生だった杉山丈一郎さん。杉山さんは東洋大を卒業後、ドイツに渡り、現在はカンボジアの国内リーグでプロサッカー選手として活躍している。

 小学校時代、同じサッカーチームに所属し、DFを務めていたというK―鈴木。FWだった杉山さんとは一対一の練習などで対峙し、「ひょいひょいっと抜かれました」と笑って回想する。「シュートもドリブルもパスもめちゃくちゃうまくて、子供ながらに『こういう人がプロになるんだろうな』と思っていました」と明かした。

 競技は違えど、K―鈴木も2018年のドラフト2位で日立製作所からオリックスに入団。2年目の今季、プロ通算5度目の先発のマウンドで、初勝利を飾った。SNS上で連絡を取り合っているという2人。異国の地で戦っている杉山さんの存在は「ほんと、すごいですよね。刺激になりますよ」という。

 オリックスのチーム事情は苦しい。先発陣は踏ん張っているが、リリーフ陣、野手がいまひとつ状態が上がってこない。先発投手にかかる負担は大きい。それでも、K―鈴木なら、引っ張っていってくれるはずだ。日本で快投を続ければ、きっと、カンボジアでボールを蹴っている杉山さんの励みにもなるはず。その右腕には、大きな期待がかかっている。

パ・リーグ特集

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法