ジャンル別番組一覧

プロ野球中継 2019(BS12 無料放送)メインビジュアルプロ野球中継 2019(BS12 無料放送)メインビジュアル

2018年09月18日公開 〝地味にすごい〟日本ハム・宮西

〝地味にすごい〟日本ハム・宮西

 昨季のパ・リーグ最下位から、今季はクライマックスシリーズ進出圏内でシーズン終盤を迎えている日本ハムには、?地味にすごい?中継ぎエースがいる。関西学院大から2008年にプロ生活を始めて11年目の左腕、宮西尚生投手(33)だ。
 9月17日時点で、ともにパ・リーグトップの35ホールド、39ホールドポイントをマーク。入団から11年連続の50試合登板を果たし、2度目の最優秀中継ぎのタイトルも見えてきている。さらには、史上初の通算300ホールドまで、残り「8」と迫っている。>
 今年は節目の年だった。6月30日のオリックス戦(札幌ドーム)では史上40人目の通算600試合登板と、山口鉄也(巨人)に並ぶプロ野球記録の273ホールドを同時達成。試合後にはお立ち台に上がったが、宮西の表情はどこか照れくさそうだった。普段、記事になるのは打たれたときばかり。「リリーフは目立ったら駄目。しれっと終わりたい」と控えめに口にした。
 先発の経験は1度もなく、入団時から中継ぎ一筋。2014年に国内フリーエージェント権を取得した際には、熟考の末に行使せず残留した。翌15年には、日本ハムの投手では初めて主将を任された。リーグ初となる200ホールドを達成した16年のシーズン前に左肘を手術。風呂で髪を洗うことにも苦労しながら、苦しいリハビリを乗り越え、4月上旬には復帰した?不屈の男?でもある。
 主将の座は1年で後輩に譲ったが、いまでも投手陣のリーダー。中継ぎの後輩が試合で打たれれば、翌日に声を掛けてフォローする。その気配りに、ある後輩投手は「宮西さんに声を掛けてもらって、切り替えることができました」と感謝していた。
 厳しくも温かいアドバイスは、野球だけにとどまらない。数年前に投手が集まった会合では、幹事を務めた新人選手に「店の予約だけではなく、みんなが集まる前にサラダを頼むとか気をつかえ」と指導したこともあったという。
 面倒見のよさで知られる鍵谷陽平投手(27)は、かつてこんなことを言っていた。「宮西さんとか、先輩方にごちそうになってきた。少しでも後輩に返してあげたいんです」。宮西の精神は、日本ハムの後輩たちにしっかりと受け継がれている。



記事提供:サンケイスポーツ

パ・リーグ特集

「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ

「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ

2019年09月19日公開

誰も予想しなかった事態が起こった。7月に新加入し、自慢の強肩で幾多のピンチを救ってきたロッテのレオネス・マーティン外野手(31)が9月6日、ソフトバンク22回戦(ヤフオクドーム)で来日初の「1番・中堅」で起用されたが、2イニング続けて平凡な飛球を落球。いずれも失点につながった。

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法