ジャンル別番組一覧

プロ野球中継 2019(BS12 無料放送・視聴)メインビジュアルプロ野球中継 2019(BS12 無料放送・視聴)メインビジュアル

2018年09月07日公開 新人王争いに注目! 楽天の「カー君」

新人王争いに注目! 楽天の「カー君」

パ・リーグの新人王争いに、楽天の2年目、「カー君」こと田中和基外野手が名乗りをあげている。

福岡・西南学院高から立大を経てドラフト3位で入団したルーキーイヤーの昨季、プロ初先発の試合で初本塁打を放つなど存在感を示した。ただ、立った打席数は59にとどまったため、今季の新人王の有資格者。2年目に、さらなるブレークを果たした。

「新人王は一生に一度のタイトルなので、狙いたいです。でも成績が優秀な選手は多いので、そう簡単に取れるとは思っていません」

田中本人は謙虚に語るが、今季は5月下旬にレギュラーに定着し、9月5日現在で81試合に出て、打率・288、16本塁打、36打点。持ち前の俊足を生かして20盗塁もマークする。将来は「トリプルスリー」(同一シーズンに打率3割、30本塁打、30盗塁)も期待される逸材だ。1メートル81、75キロのスイッチヒッターで、8月1日のオリックス戦(京セラドーム大阪)では、パ・リーグ14人目となる「両打席本塁打」を達成した。

新人王レースのライバルは多い。オリックスの2年目右腕・山本由伸投手は49試合に登板し、4勝1敗、防御率2・22、リーグ2位の34ホールドポイント。最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得しそうな成長ぶりだ。野手では、ロッテのルーキー・藤岡裕大内野手も候補。116試合に出場し、打率・245、5本塁打、39打点。1年目ながら110安打を放ち、14盗塁とチームに貢献している(成績はいずれも9月5日現在)。

「自分は野手なので、野手を意識しています。(出場)試合数は負けるけど、長打だったり、スピードで勝負したいと思います」と田中。自分の長所を武器に、タイトル奪取へ闘志を示す。

梨田監督に代わって平石監督代行が指揮をとるようになってからは、1番打者として君臨。平石監督代行は田中を「本塁打は逆方向に打てる。チームで一番肩も強いし、守備力も高い」と攻守に高く評価する。

「楽天の田中」といえば、米大リーグのヤンキースに移籍した「マー君」こと田中将大投手だった。だが最近は、本拠地の楽天生命パークで田中が打席に立つと、スタンドから「カー君!」と声援が飛ぶようになった。愛称も定着した田中和基が、今季の残り試合に全力を注ぐ。


記事提供:サンケイスポーツ

パ・リーグ特集

「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ

「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ

2019年09月19日公開

誰も予想しなかった事態が起こった。7月に新加入し、自慢の強肩で幾多のピンチを救ってきたロッテのレオネス・マーティン外野手(31)が9月6日、ソフトバンク22回戦(ヤフオクドーム)で来日初の「1番・中堅」で起用されたが、2イニング続けて平凡な飛球を落球。いずれも失点につながった。

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法