ジャンル別番組一覧

プロ野球中継 2019(BS12 無料放送・視聴)メインビジュアルプロ野球中継 2019(BS12 無料放送・視聴)メインビジュアル

2018年09月06日公開 出るか?「キヨダンス」 日本ハムの本塁打パフォーマンス

出るか?「キヨダンス」 日本ハムの本塁打パフォーマンス

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(東京・早実高)が、8月21日の1軍再昇格後、その力を示している。同25日の楽天戦では、本拠地・札幌ドームで初アーチとなる4号ソロ。同26日の同カードでは、ドラフト制後(1966年以降)に入団した高卒新人では、88年の立浪和義(中日)以来30年ぶり2人目となる、2試合連続の3安打猛打賞をマークした。

 そんな中、注目を集めつつあるのが、本塁打で生還して戻ったベンチで両手を小さく広げて首を振るパフォーマンス、通称「キヨダンス」だ。

 このパフォーマンスが生まれたのは、4月下旬までさかのぼる。ウエートトレーニング室で、清宮が音楽を聴きながら激しく首を振っていたことがきっかけ。先輩たちから「首がすごく動く」とイジられ、「ホームランを打った後にやってほしい」と要望された。

 そこで清宮が本塁打後、両手を広げて首を振る、インド映画などでみられる踊り「ボリウッドダンス」に似たポーズを披露。1学年上の郡拓也捕手がまねたことで、2軍で定着し始めた。7月のフレッシュオールスターでも本塁打を放って、見事ダンスを決めた。

 2軍限定かと思われていた「キヨダンス」。今回の1軍昇格時に手をさしのべたのが、シーズン前半を清宮とともに2軍で過ごした4年目の浅間大基外野手だった。浅間自身も、高卒1年目から1軍で46試合に出場。「何か手助けできれば。少しでもやりやすい環境を用意してあげたい」と、1軍昇格した8月21日のソフトバンク戦(静岡)前に「打ったら(一緒に)やってやるよ」と提案してくれた。その試合で清宮は早速、5月9日のオリックス戦以来の一発となる右越え2号2ラン。浅間、同じ4年目の太田賢吾内野手とともに、「キヨダンス」を1軍でお披露目することができた。

 日本ハムの本塁打のパフォーマンスといえば、ブランドン・レアード内野手の「すしポーズ」。2016年に本塁打王を獲得したこともあり、野球ファンにはおなじみになっている。「キヨダンス」披露のきっかけを作ってくれた浅間にも、両手をクロスさせる「アサMAX」ポーズがある。「自分からはやらないです」と控えめだが、先頭打者本塁打を放った8月24日の楽天戦(札幌ドーム)では、清宮らがこのポーズでお出迎え。照れ笑いを浮かべながら、両手をクロスしていた。

 2018年シーズンも残りわずか。日本ハムの選手が本塁打を打った際には、高々と舞い上がる放物線だけでなく、打った後のベンチの様子にも注目だ。



記事提供:サンケイスポーツ

パ・リーグ特集

「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ

「最悪な一日」だったロッテ・マーティンをどん底から救った、一通のメッセージ

2019年09月19日公開

誰も予想しなかった事態が起こった。7月に新加入し、自慢の強肩で幾多のピンチを救ってきたロッテのレオネス・マーティン外野手(31)が9月6日、ソフトバンク22回戦(ヤフオクドーム)で来日初の「1番・中堅」で起用されたが、2イニング続けて平凡な飛球を落球。いずれも失点につながった。

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

スポーツ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法