ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

Vol.1 80年代歌謡曲は悩めるオヤジの処方箋

80年代歌謡曲は悩めるオヤジの処方箋

 オヤジは「ツライ」。会社では上と下との板挟み。若手社員の評判を気にしつつ、女性社員にはセクハラと受け取られぬよう、言動に注意を払いすぎて神経をすり減らす。家庭では妻や子供から邪魔者扱いされぬよう、存在を消すことに努力する。

 オヤジは「モロイ」。定年がリアルに迫ってくるとやたら会社内での立ち位置に右往左往したり、カラオケで昔を懐かしんではすぐ涙ぐんだり......。見た目の態度とは裏腹に、結構小さなゴタゴタで心がポキッ。揚げ句、「これからはお前たちの時代だ」と若手を叱咤するも、「何言ってるんですか。まだがんばっていただかないと」と逆に励まされ、どこかホッとしてしまう。

 でも、なんだかんだ言ってオヤジは「ツヨイ」。トラブったり落ち込んだりしても、翌日には何事もなかったように黙々と仕事をこなす。実は、若い人たちから結構頼りにされていたりもする。そんなオヤジたちの強さの源泉、それは多感な青春時代に寄り添ってくれた「歌謡曲」があるから。どんなに困難な問題が立ちはだかっても、立ち直れそうもないほど心が傷付いても、最後はみんな歌謡曲で解決してしまう。そう、「80年代歌謡曲」は悩めるオヤジの処方箋なのだ。

日経トレンディ2018/7/2掲載
©Koji Sakai

マキタ・スージー激論!

Vol.21 残りの人生は「大人買い」と「ライブ消費」で決まる

Vol.21 残りの人生は「大人買い」と「ライブ消費」で決まる

「お金」をテーマとした対談の前半戦は、スージー氏の「アラフィフは、お金をかけずにもっと発信しよう!」というメッセージのあと、マキタ氏の「人間は単なる“うんこの通り道”」という問題提起によって、一気にヒート・アップ! 対談の後半戦では「お金」と「うんこ」の類似性に触れながら「オヤジ世代の理想の“お金の使い方”」へと議論が深化する。

Vol.20 佐野元春と森山直太朗が教えてくれた「お金」の意味

Vol.20 佐野元春と森山直太朗が教えてくれた「お金」の意味

今回のテーマは、ずばり「お金」。家族の生活費や子どもの教育費、さらには自分の老後の準備など、何かと「お金」が必要になるアラフィフのオヤジ世代は、お金とどんな付き合い方をすればいいのか。折り返し地点を過ぎた残りの人生を豊かにするために、お金との付き合い方のヒントをくれる曲について、マキタ&スージーが伝授してくれた。

Vol.19 沢田研二は宮崎駿! 黙して語らず、ジュリーの”行間”を味わう

Vol.19 沢田研二は宮崎駿! 黙して語らず、ジュリーの”行間”を味わう

前半では、スージー氏が「騒動の理由は沢田研二が筋の通らないことに激怒したから」という持論を展開。それを受けて、後半では、マキタ氏が「ある程度の年齢に達した人間は、ジュリーのように生き方をシンプルにするべきではないか」という“オヤジ世代が学ぶべき人生論”を読者に問いかけた。

Vol.18 ”人間・沢田研二”に学ぶ「筋を通す生き方」

Vol.18 ”人間・沢田研二”に学ぶ「筋を通す生き方」

今回のテーマは「沢田研二に“オヤジ世代の美学”を学ぶ」。2018年10月17日、70歳記念全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を直前になって突如中止したジュリーについて、世間ではさまざまな批判が飛び交い、騒動となり、ジュリーは謝罪会見まで開くことに……。しかし、本当にそれで良かったのか? オヤジ世代の代表として、ジュリーを応援するマキタ&スージーが、軽々しく「沢田研二」を批判する風潮に物申す!

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法