ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2020年10月18日放送 第74回ボーナス・トラック:「マイナーセブンス&メジャーセブンス!」

第74回ボーナス・トラック:「マイナーセブンス&メジャーセブンス!」

■上田正樹『悲しい色やね』
作詞:康珍化
作曲:林哲司
編曲:星勝
1982年10月21日

第74回「~スージー鈴木の精神世界2~」のボーナス・トラックとして、左手で弾くマイナーセブンス(m7)、メジャーセブンス(maj7)が映える曲を選んでみたい。一応確認しておくと、マイナーセブンスは(移動ドで)「ラ・ド・ミ・ソ」の響き、メジャーセブンスは同様に「ド・ミ・ソ・シ」の響きである。

まずはマイナーセブンス。番組内ではKUWATA BAND『ONE DAY』を弾いてみたが、ここでは、さらにマイナーセブンスが映える曲をご紹介したい。上田正樹『悲しい色やね』である。不肖・私が、10月6日のオンラインイベントで弾いた、あの曲だ。とにかくメロディが優美。さらにDmからAへの見事な転調など、林哲司の最高傑作と言っていいのではないか。

マイナーセブンスがアーバン、逆にシティポップはメジャーセブンスという感じがする。つまり、マイナーセブンスが映えに映える『悲しい色やね』はアーバン中のアーバンということになる。街の灯がにじむ。タバコの香りにバーボンの余韻。この曲の中で、何度も響きわたるコード=「Dm7」は、まさに、めっちゃアーバンなコードやねん!

■山下達郎『言えなかった言葉を』
作詞:吉田美奈子
作曲:山下達郎
編曲:山下達郎
アルバム『SPACY』
1977年6月25日

対するメジャーセブンスについては、山下達郎『RIDE ON TIME』を番組内で弾いたのだが、実は「達郎メジャーセブンスbyピアノ」として、もっとふさわしい曲があったのだ。ちょっとマニアックだったので、『RIDE ON TIME』に変えたのだが。

それはソロとしてのセカンドアルバム『SPACY』に収録された『言えなかった言葉を』という曲で、『アンブレラ』『言えなかった言葉を』『朝の様な夕暮れ』『きぬずれ』と続く、B面のメドレーの中の1曲である。

ピアノで4分音符のメジャーセブンス(Fmaj7)を、トン・トン・トン・トンと叩いていただきたい。それが、この曲の歌い出しの裏で響くピアノであり、まさに「達郎メジャーセブンスbyピアノ」の代表にふさわしいところである。

なお、『SPACY』のB面は、スージー鈴木の新刊『恋するラジオ』に出て来る、言わばこれもまた、私の「人生のサウンドトラック」でもある。1988年、授業の無い水曜の午後、大学の視聴覚室で聴く『SPACY』。窓越しに降り注ぐ陽射しの中で、大学3年生の、からっぽで、すっからかんの毎日が、メジャーセブンスで満たされていく。

HP限定ボーナス・トラック

第87回ボーナス・トラック:「リズム王:細野晴臣の軌跡!」

第87回ボーナス・トラック:「リズム王:細野晴臣の軌跡!」

2021年5月2日放送

第87回「開講!ダンス教室」のボーナス・トラックとして、ダンスと言えばリズムということで、日本の「リズム王」=細野晴臣のことを取り上げたい。先に断っておけば、細野晴臣のことを「リズム王」と呼んでいるのは私だけかもで、むしろ『音楽王 細野晴臣物語』(書名)という、より大きな呼称もあるのだが、私は細野のことを、やはり「リズム王」だと思っている

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

2021年4月11日放送

第86回「バンドやろうよ2」のボーナス・トラックとして、バンドの背骨である「リズムセクション」のことを取り上げたい。「リズムセクション」、音楽に興味のない方には耳馴染みのない言葉だろう。「バンドの中のリズム担当」くらいの意味で、定義は曖昧なのだが、一般的にはドラムスとベースのことを指す場合が多い。

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

2021年3月14日放送

第84回の企画「スメル歌謡祭」で私は、はっぴいえんど『12月の雨の日』の「雨」が、いつ、どこで降ったものなのかという謎を、丹念に検証した(正解「1969年11月30日夜、六本木通り西麻布近辺の雨」)。というわけで、今回のボーナス・トラックは「松本隆の『匂い』を嗅ぎまくる!」と題して、松本隆系スメルを嗅いでいきたい。

アクセスランキング

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法