ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2020年8月9日放送 第70回ボーナス・トラック:「ポール・マッカートニーピアノ名曲選!」

第70回ボーナス・トラック:「ポール・マッカートニーピアノ名曲選!」

■ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』

作詞・作曲:ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
1970年3月25日

第70回「~スージー鈴木の精神世界~」のボーナス・トラックとして、ビートルズ関連の代表的なピアノ曲をご紹介したい。まずは泣く子も黙る『レット・イット・ビー』。日本でいちばん有名なピアニストは、キース・ジャレットでも、チック・コリアでもなく、ポール・マッカートニーである。

コード進行を簡略化して書くと「C→G→Am→F→C→G→F→C」。いわゆる「カノン進行」的な進行で、かつ、これを単純に弾くのではなく、例えば「F→C」(俗に言う「アーメン終止」)のとこが「♪ファーミレドー」という音形になっているあたりなど、とても気が利いている。

「カノン進行」「アーメン終止」ということで、つまりは教会音楽のセオリーを活かした曲である。歌詞の内容もどことなく宗教っぽい。ただし残念ながらポール・マッカートニーは、実は神に背いているのだ。間奏後の「♪I wake up to the sound of music Mother Mary come to me」の「♪Mother Mary」のところでAm(ラドミ)を間違えて、その横のBdim(シ・レ・ファ)を弾いてしまっているのだ(アルバムバージョンで約3分のところ)。悔い改めて欲しい。アーメン。

■ポール・マッカートニー『Maybe I’m Amazed(恋することのもどかしさ)』

作詞・作曲:ポール・マッカートニー
アルバム『マッカートニー』
1970年6月25日

一度聴いたら忘れられない曲。個人的にはポール・マッカートニーのピアノ曲の中で最も好きな曲だ。ファースト・ソロアルバム『マッカートニー』収録。

最も好きな曲は、最も謎な曲でもある。冒頭の所のキーがよく分からないのだ。「B♭→F→C→G」。普通に考えると、『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』の中盤で出て来る「C→G→D→A→E」(キー=E)にならって、Dをキーと考えるべきなのだろうが、(妙な言い方になるが)「キー=D」感がどうも薄いのである。

ただし、サビはまぎれもなく「キー=D」。ここで炸裂するポール・マッカートニーのブルース的シャウト。後のライブ盤では、シャウトの音程を低くごまかすことが多くなるのだが、オリジナル盤では見事に吠えている。まさに獣のように。

「日本でいちばん有名なピアニスト」であるポール・マッカートニー。ただし驚くべきは、「ピアノ曲」という手口が、ポール・マッカートニーの音楽的引き出しの中では、ワン・オブ・ゼムであることだ。「日本でいちばん有名なピアニスト」はもちろん「日本でいちばん有名なベーシスト」でもあり、シンガーや作曲家としても、少なくとも洋楽界の中では「日本でいちばん有名」なのではないか。

HP限定ボーナス・トラック

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

2021年4月11日放送

第86回「バンドやろうよ2」のボーナス・トラックとして、バンドの背骨である「リズムセクション」のことを取り上げたい。「リズムセクション」、音楽に興味のない方には耳馴染みのない言葉だろう。「バンドの中のリズム担当」くらいの意味で、定義は曖昧なのだが、一般的にはドラムスとベースのことを指す場合が多い。

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

2021年3月14日放送

第84回の企画「スメル歌謡祭」で私は、はっぴいえんど『12月の雨の日』の「雨」が、いつ、どこで降ったものなのかという謎を、丹念に検証した(正解「1969年11月30日夜、六本木通り西麻布近辺の雨」)。というわけで、今回のボーナス・トラックは「松本隆の『匂い』を嗅ぎまくる!」と題して、松本隆系スメルを嗅いでいきたい。

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法