ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2020年8月2日放送 第69回ボーナス・トラック:「阿久悠・小林亜星名曲選!」

第69回ボーナス・トラック:「阿久悠・小林亜星名曲選!」

■杉並児童合唱団・金森勢『ピンポンパン体操』

作詞:阿久悠
作曲:小林亜星
1971年12月25日

第69回「夏の忘れがち歌謡祭」のボーナス・トラックとして、番組内で紹介した作曲家・小林亜星が、作詞家・阿久悠と組んで放った大ヒット曲をご紹介したい。繰り返すが、小林亜星という人は、私のフェイバリット・コンポーザーであり、その音楽的功績は、もっともっと評価されていいと思っている。

200万枚を超える大ヒットとなったと言われる大ヒット曲。その音楽的ポイントは、もう本当に、奇想天外で、自由でやりたい放題な歌詞とメロディだ。放送作家出身の作詞家・阿久悠と、CMの世界から出てきた作曲家・小林亜星という、日本の湿った歌謡界にどっぷりと浸かっていなかったソングライターチームの手にかかれば、こんなに自由な曲が生まれるのだ。

冒頭のリフレイン「♪ズンズンズンズン・ズンズンズンズン・ピーンポーン・パポーン」の「♪ピーン」がブルーノートになっている。私含む、1960年代生まれの日本人の多くが、生まれてはじめて聴いたブルーノートではないか。そして、2番目に聴いたブルーノートがフィンガー5で、3番目がダウン・タウン・ブギウギ・バンドにつながっていく。

■都はるみ『北の宿から』

作詞:阿久悠
作曲:小林亜星
編曲:竹村次郎
1975年12月1日

何と言っても、1976年のレコード大賞受賞曲である。「♪ズンズンズンズン・ズンズンズンズン・ピーンポーン・パポーン」を手掛けたラディカル&コミカル・ソングライターチームが、ついに、日本歌謡界のど真ん中を征服した!

今となっては「ザ・演歌」という感じで捉えられているが、この曲が当時「フォーク演歌」と紹介されたことを私は憶えている。そのポイントとしては、日本的な「四七抜き音階」(ラ・シ・ド・ミ・ファ=音階4番目のレと7番目のソが無いという意味)ではないことも含めたメロディのモダンな感覚や、です・ます調の(ある意味、はっぴいえんど的な)歌詞である。

「メロディのモダンな感覚」を、さらに具体的に説明すれば、「♪寒さこらえて 編んでます」の「♪で」がソのシャープ(#)というモダンな音になっていること(米津玄師がよく使う音)や、「♪あなた恋しい」の「♪あな↑た」のオクターブ跳躍などのモダンさである。また、都はるみが、特異のがなり節(「はるみ節」とも言われた)を控えて、抑制的に歌っているのもフォーク的と言える。

放送作家出身の作詞家・阿久悠と、CMの世界から出てきた作曲家・小林亜星が手掛けた「演歌」は、とてもモダンで、アイデアに溢れていて、要するに単なる「ザ・演歌」「ド演歌」ではないのだ。

HP限定ボーナス・トラック

第88回ボーナス・トラック:「浜田省吾をマジメに考える!」

第88回ボーナス・トラック:「浜田省吾をマジメに考える!」

2021年5月9日放送

第88回「マキタカラオケ教室2」では、大変お恥ずかしい、私が浜田省吾になりきるという、「そんなもの公共の電波で流していいのか」という代物、いや「色物」がオンエアされてしまった。失礼しました。そこで、今回のボーナス・トラックは、浜田省吾について、「色物」ではなく、まじめに考え直してみたいと思う。

第87回ボーナス・トラック:「リズム王:細野晴臣の軌跡!」

第87回ボーナス・トラック:「リズム王:細野晴臣の軌跡!」

2021年5月2日放送

第87回「開講!ダンス教室」のボーナス・トラックとして、ダンスと言えばリズムということで、日本の「リズム王」=細野晴臣のことを取り上げたい。先に断っておけば、細野晴臣のことを「リズム王」と呼んでいるのは私だけかもで、むしろ『音楽王 細野晴臣物語』(書名)という、より大きな呼称もあるのだが、私は細野のことを、やはり「リズム王」だと思っている

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

2021年4月11日放送

第86回「バンドやろうよ2」のボーナス・トラックとして、バンドの背骨である「リズムセクション」のことを取り上げたい。「リズムセクション」、音楽に興味のない方には耳馴染みのない言葉だろう。「バンドの中のリズム担当」くらいの意味で、定義は曖昧なのだが、一般的にはドラムスとベースのことを指す場合が多い。

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

2021年3月14日放送

第84回の企画「スメル歌謡祭」で私は、はっぴいえんど『12月の雨の日』の「雨」が、いつ、どこで降ったものなのかという謎を、丹念に検証した(正解「1969年11月30日夜、六本木通り西麻布近辺の雨」)。というわけで、今回のボーナス・トラックは「松本隆の『匂い』を嗅ぎまくる!」と題して、松本隆系スメルを嗅いでいきたい。

アクセスランキング

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法