ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2020年5月10日放送 第64回ボーナス・トラック:「1978年のいい女ディスコ!」

第64回ボーナス・トラック:「1978年のいい女ディスコ!」

■中原理恵『ディスコ・レディー』

作詞:松本隆
作・編曲:筒美京平
1978年8月1日

第64回「ディスコ/ダンスミュージック特集」のボーナス・トラックとして「1978年のいい女ディスコ」とでも言える楽曲をご紹介したい。1978年といえば、空前のディスコブーム。火を付けたのはもちろん、映画『サタデー・ナイト・フィーバー』だ。

ブームは翌79年まで続き、同年の西城秀樹『YOUNG MAN(YMCA)』をピークとするのだが、そこに至る経緯の中で、歌謡界にもディスコの大波が訪れることとなる。中原理恵という人は、そういうムーブメントのど真ん中にいた人で、ヒット曲『東京ららばい』も、続くシングルのこの曲も、完全なる真性ディスコ物になっている。

松本隆と筒美京平の黄金コンビ。正直、同コンビによる『東京ららばい』ほどの完成には至らないが、それでも「摩天楼エレジー」に乗って踊る「1978年のいい女」の姿を彷彿とさせる、なかなかの佳曲だ。

中原理恵と言えば、個人的にはフジテレビ『欽ドン!良い子悪い子普通の子』(81~83年)の中のコント「良い妻、悪い妻、普通の妻」の中での姿だ。特に「普通の妻」である「ふつ子」を演じる中原理恵は、本当にいい女だった。中原理恵には「ディス子」より「ふつ子」がよく似合う。

■大場久美子『ディスコ・ドリーム』

作詞:小林和子
作曲:和泉常寛
編曲:直居隆雄
1978年12月1日

1978年のディスコブームは凄まじく、まだ初々しいアイドルまで、その波に飲み込まれていく。飲み込まれたのは大場久美子。彼女の6枚目のシングル。作曲の和泉常寛は、のちにオメガトライブの『君は1000%』(86年)、『アクアマリンのままでいて』(88年)を作り、シティポップ界の一翼を担う人。

ただし、中原理恵『ディスコ・レディー』に加えて、こちらのディスコ度はやや薄い。むしろ次のシングルとなる『スプリング・サンバ』同様、ディスコと言うより、ややラテンのフレーバーが入っている。

中原理恵の当たり役が「ふつ子」なら、大場久美子はオリンパスのCMだった。79年から流れたオリンパスのカメラ「OM10」のCMにおけるキュートさたるや。今の彼女しか知らない若い方々には、ぜひ一度、動画や画像を検索してほしいと思う。

この曲は、大場久美子の最大売り上げシングルであるが、それでも売上枚数は4.8万枚という物足りない数字。78~79年は、アイドル不遇の年であり、石野真子、榊原郁恵などと共に、アイドル市場を守り抜いてくれた存在が大場久美子だった。そして80年、田原俊彦と松田聖子によって、アイドル市場は劇的な回復を見せることとなる。

HP限定ボーナス・トラック

第93回ボーナス・トラック:金八ポップス(K-POP)の世界!

第93回ボーナス・トラック:金八ポップス(K-POP)の世界!

2021年8月1日放送

第93回「オトナのためのジャニーズソング講座」のボーナス・トラックとして、昭和・平成・令和、3元号にわたるジャニーズ帝国の礎(いしずえ)=「たのきんトリオ」を世に知らしめるキッカケとなった、TBSドラマ『3年B組金八先生』(第1シリーズ)に関する音楽、通称「金八ポップス」=略称「K-POP」を取り上げてみたい(なお、この通称・略称は、いま私が勝手に作った俗称である)。

アクセスランキング

韓国ドラマ「ペガサスマーケット」のサムネイル

韓国・韓流ドラマ

韓国ドラマ「ペガサスマーケット」

キム・ビョンチョル(「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」)、イ・ドンフィ(「恋のスケッチ~応答せよ1988~」)の実力派俳優がW主演!大企業の島流し先“ペガサスマーケット”を舞台にぶっ飛び社長と生真面目店長が繰り広げる抱腹絶倒のコメディドラマ。
出演:キム・ビョンチョル、イ・ドンフィ
ジャンル:コメディ

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法