ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2020年1月5日放送 第55回:80年代洋楽ドラムスイントロ特集!

第55回:80年代洋楽ドラムスイントロ特集!

■マイケル・ジャクソン『ビリー・ジーン』

作詞・曲:マイケル・ジャクソン
発表:1983年2月25日
アルバム『スリラー』

1月5日放送、第55回「第2回 イントロがいい曲」のボーナス・トラックとして、番組内で少しだけ触れた「80年代洋楽のドラムスイントロ」について、さらに少しだけ触れてしておく。

まずは、その代表となる『ビリー・ジーン』のイントロ。まず、レオン・“ンドゥグ”・チャンクラーによる、非常に抑制的なドラムスが耳を支配する。その上に乗る「ラミソラ・ソミレミ」という、こちらも淡々と進行するベース・リフもあいまって、80年代の「ドラムスイントロ黄金時代」の扉を切り開いた。

なおこの曲は、あのムーンウォーク誕生の瞬間のBGMでもある。1983年3月25日、パサディナ・シビック・オーディトリウムで行われた「モータウン25周年コンサート」でマイケル・ジャクソンは、この曲の間奏のところでムーンウォークを初披露。「ストリートダンス黄金時代」の扉を切り開くこととなる。


■a-ha『テイク・オン・ミー』

作詞:ポール・ワークター、マグス、モートン・ハルケット
作曲:ポール・ワークター
発表:1985年7月25日

こちらは『ビリー・ジーン』に比べてかなり軽快なドラムスが印象的。85年に世界的に大ヒットした『テイク・オン・ミー』のイントロ。前年にヒットしたケニー・ロギンス『フットルース』のイントロと似ている。イントロクイズでは迷いそうだ。

しかし、この曲をヒットに導いたのは、音楽的要因よりも、映像の魅力ではなかったか。現実と漫画の世界を行き来する、虚実皮膜を超えたプロモーションビデオ(PV)は、80年代中期のPV界を代表するものだろう。テレビ神奈川(TVK)制作の『ミュージック・トマト』で何度見たことか。

ちなみにa-haはノルウェーの出身。「日本でいちばん有名なノルウェー人」の座を、グリーク(『ペール・ギュント』で有名なクラシックの作曲家)や、アムンセン(南極点に到達した探検家)と争う。ただし「日本でいちばん有名な、ノルウェーにまつわる“もの”」は、人物ではなく「森」ではないか。

HP限定ボーナス・トラック

BS12おすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法