ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2019年09月02日放送 第47回「声質の似た女性ボーカリストもう1組」

第47回「声質の似た女性ボーカリストもう1組」

■木村カエラ『リルラリルハ』

作詞:木村カエラ
作曲:會田茂一
編曲:會田茂一
2005年3月30日

第47回「いい声特集」では、私好みの女性ボーカリストとして、竹内まりや、夏川りみ、矢野顕子などを取り上げ、それぞれに似た声質を持つ洋楽のボーカリストとして、カレン・カーペンター、バーブラ・ストライサンド、ケイト・ブッシュを併せて紹介した。今回はその追加でもう1組、邦楽と洋楽のボーカリスト・コンビをご紹介したい。

まずは木村カエラ。この人のいいのはまず声量。声がデカいこと。ボーカリストとはまず声量だと思う。そして乾きながらも適度に粘着的でツルっとした声質。さらには、いかにも「歌うことが楽しい」という感じのパフォーマンスもいい。ついでに言えば、作詞家としても天性のものを持っていて、この「リルラリルハ」(REAL LIFE REAL HEART)というフレーズなど、職業作詞家には決して作ることが出来ないものという気がする。

木村カエラのボーカルを聴くと「天然モノ」という言葉を思い浮かべる。機械的に色々といじくりまわした「養殖モノ」のボーカリストが多い中、木村カエラやaikoは、自然の中で有機的に育てられた天然の味がする。彼女がボーカリストとして語られることは少ない気がするが、これぞ「リアルボーカル」だと思う。「リルラリルハ」の「リルボ」をあらためて聴き直してほしい。

 

■フェアーグラウンド・アトラクション『パーフェクト』
作詞・曲:マーク・E・ネヴィン


そんな木村カエラの声質に似ている洋楽のボーカリストと言えば、フェアーグラウンド・アトラクションのリードボーカルの女性。と、ここで普通に「フェアーグラウンド・アトラクション」と書いてしまったが、憶えている人はどのくらいいるのだろうか。

80年代後半、このイギリスのバンドの『パーフェクト』という曲が、この日本でも少しばかり流行ったのだ。具体的には1989年(平成元年)の頃に、開局まもないJ-WAVEで、ジュリア・フォーダム『ハッピー・エヴァー・アフター』やバーシア『タイム・アンド・タイド』などとともに、よくオンエアされていた印象がある。つまりは「バブル期の東京を彩った洋楽」の1つだ。

そのリードボーカルであるエディ・リーダーという女性の声が、木村カエラに似ているのだ。まさに「乾きながらも適度に粘着的でツルっとした声質」。木村カエラにエディ・リーダーからの音楽的影響など、まるで無いと思うのだが、結果的に似てしまっている。

フェアーグラウンド・アトラクションは、バブル的な、J-WAVE的な「東京おしゃれ文脈」に消費されたのちに、残念ながら、すぐに解散してしまったのだが、同じくデビュー時に「東京おしゃれ文脈」に消費されかけた木村カエラが、そこから長く、未だに音楽活動を続けているのは嬉しい。とても嬉しいかぎり。

HP限定ボーナス・トラック

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

2021年4月11日放送

第86回「バンドやろうよ2」のボーナス・トラックとして、バンドの背骨である「リズムセクション」のことを取り上げたい。「リズムセクション」、音楽に興味のない方には耳馴染みのない言葉だろう。「バンドの中のリズム担当」くらいの意味で、定義は曖昧なのだが、一般的にはドラムスとベースのことを指す場合が多い。

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

2021年3月14日放送

第84回の企画「スメル歌謡祭」で私は、はっぴいえんど『12月の雨の日』の「雨」が、いつ、どこで降ったものなのかという謎を、丹念に検証した(正解「1969年11月30日夜、六本木通り西麻布近辺の雨」)。というわけで、今回のボーナス・トラックは「松本隆の『匂い』を嗅ぎまくる!」と題して、松本隆系スメルを嗅いでいきたい。

BS12おすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法