ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2019年04月14日放送 第38回「男はレッド・ツェッペリン!」

第38回「男はレッド・ツェッペリン!」

第38回「男はハードロック特集」のボーナス・トラックとして、今回は、スージー鈴木少年がハマったレッド・ツェッペリンの2曲を紹介する。

■レッド・ツェッペリン『レモン・ソング』(The Lemon Song)

作詞・作曲:Bonham, Burnett, Jones, Page & Plant

今でこそ、色んな音楽を知る事情通を演じているが、中3から高1の頃はビートルズしか聴いていなかったし、高2高3はもう、レッド・ツェッペリンまみれの日々だった。お小遣いが貯まると、貸しレコード屋(「回盤堂」といういかした名前だった)に向かい、レッド・ツェッペリンのLPを1枚ずつ借りていく。それをカセットテープにダビングし、毎晩聴くのである。ギタリスト=ジミー・ペイジによるレスポールの音が、テープに録音することで微妙に劣化する。あの音が実に良かった。CDの時代に、あの音はもう2度と聴けない。

ジミー・ペイジのレスポールがぐんぐん唸るのは、セカンドアルバム『レッド・ツェッペリンII』(69年)だ。その中から1曲選ぶとすればA面3曲目の『レモン・ソング』だろう。この曲では、というか、ツェッペリンというバンドは、とにかくドラムス(ジョン・ボーナム)とベース(ジョン・ポール・ジョーンズ)が素晴らしい。特にこの曲は、そのドラムスとベースの絡み付き方の最高峰ではないか。バンドの顔は、ジミー・ペイジとボーカルのロバート・プラントなのだが。結論「レッド・ツェッペリンとは、ドラムスとベースのバンドである」。

■レッド・ツェッペリン『アキレス最後の戦い』(Achilles Last Stand)

作詞・作曲:Page & Plant

レッド・ツェッペリンに耽溺(たんでき)したのには、私が何度と無く名前を出している渋谷陽一の影響も大きい。言わずと知れたロッキング・オンの創業者にして社長。彼がまだ音楽評論家だった頃に推しに推していたのがレッド・ツェッペリンで、特にアルバム『プレゼンス』(76年)については、日本における売上の半分くらいは、渋谷の功績ではないか。

「全く申し分ないツェッペリンの巨大な音を前に、僕はひたすら自分が開かれていくのを感じる」――これが、渋谷陽一が書いた『プレゼンス』の濃厚なライナーノーツのエンディング。この持って回った仰々しい文章こそが渋谷陽一の真骨頂であり、私含めた「渋谷陽一のチルドレン」は、こういうフレーズに酔いながら、千鳥足で(貸し)レコード屋に向かい『プレゼンス』を求めたのである。

このアルバムから1曲選ぶとすると、やはりA面1曲目の『アキレス最後の戦い』となる。10分を超える大作だが、嵐のような演奏のせいか、あっという間に終わる気がする。この10分は、世界でいちばん短い10分だ。

話は戻るが、最近また当時の渋谷陽一の文章を読み返している。特に『音楽が終わった後に』や『ロック微分法』(ともにロッキング・オン)などは、あらためて原点に触れる思いがする。渋谷陽一の濃厚な文章を前に、僕はひたすら自分が開かれていくのを感じる。

HP限定ボーナス・トラック

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

2021年4月11日放送

第86回「バンドやろうよ2」のボーナス・トラックとして、バンドの背骨である「リズムセクション」のことを取り上げたい。「リズムセクション」、音楽に興味のない方には耳馴染みのない言葉だろう。「バンドの中のリズム担当」くらいの意味で、定義は曖昧なのだが、一般的にはドラムスとベースのことを指す場合が多い。

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

2021年3月14日放送

第84回の企画「スメル歌謡祭」で私は、はっぴいえんど『12月の雨の日』の「雨」が、いつ、どこで降ったものなのかという謎を、丹念に検証した(正解「1969年11月30日夜、六本木通り西麻布近辺の雨」)。というわけで、今回のボーナス・トラックは「松本隆の『匂い』を嗅ぎまくる!」と題して、松本隆系スメルを嗅いでいきたい。

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法