ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2018年12月09日放送 第30回「21世紀版・個人的レコード大賞!」

第30回「21世紀版・個人的レコード大賞!」

1992年から毎年、私は「個人的レコード大賞」を決めている。今回は「カセットテープ大賞」のボーナストラックとして、そのラインナップを紹介させていただく。

■YUKI『長い夢』

  • 作詞:YUKI
  • 作・編曲:蔦谷好位置
  • 2005年4月27日

まずは「ゼロ年代」から。ちなみにこの賞は、シングル、アルバムいずれでもOKというルール。

2000年:慎吾ママ『慎吾ママのおはロック』
2001年:ピチカート・ファイヴ『さえらジャポン』(アルバム)
2002年:RIP SLYME『TOKYO CLASSIC』(アルバム)
2003年:クレイジーケンバンド『777』(アルバム)
2004年:大塚愛『さくらんぼ』
2005年:YUKI『長い夢』
2006年:Def tech 『Power in da Musiq ~Understanding』
2007年:くるり『ワルツを踊れ~Tanz Walzer』(アルバム)
2008年:木村カエラ『Jasper』
2009年:木村カエラ『Butterfly』

この中でのベスト=「ゼロ年代版・個人的レコード大賞」を決めるなら、2回ノミネートされた木村カエラを退け、05年のYUKI『長い夢』としたい。一説には亡くなった息子さんに捧げた曲とのこと。切実な歌詞と、YUKIの高音ボーカルも素晴らしいが、何といっても、蔦谷好位置による作・編曲が素晴らしすぎる。

長引く景気低迷、同時多発テロ、リーマンショックなど、もやっとした雲がこの国を覆ったディケイドの中で、そのもやっと厚ぼったい雲を突き破るかのように響いた1曲でもある。


 

■木村カエラ『Sun shower』

  • 作詞:kaela
  • 作曲:ミト(クラムボン)
  • 2012年10月24日

続いて「イチゼロ年代」。昨年までのリスト。なお、今年=2018年の大賞は、近く、東京スポーツ・木曜日の連載「オジサンのためのヒット曲講座」で発表予定。

2010年:ベッキー♪#『好きだから』
2011年:桑田佳祐『月光の聖者達~ミスター・ムーンライト』
2012年:木村カエラ『Sun shower』
2013年:大友良英『あまちゃんオープニングテーマ』
2014年:赤い公園『NOW ON AIR』
2015年:星野源『YELLOW DANCER』(アルバム)
2016年:宇多田ヒカル『道』
2017年:小沢健二『流動体について』

この中でのベストとしては、木村カエラ『Sun shower』を推す。個人的には、東日本大震災を経た、新しい日本への想いが込められた曲。また、この曲の真価はミュージックビデオ(MV)にある。おそらく「イチゼロ年代・個人的MV大賞」の選考においても、上位に入ってくるだろう。

当時、この曲に感動した私が、自分のサイトに書き付けたフレーズ―― 「木村カエラがこれからもずっと歌いつづけるならば、いつか世界から戦争はなくなるのではないか」。


 

>今回の放送内容はこちら

HP限定ボーナス・トラック

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

2021年4月11日放送

第86回「バンドやろうよ2」のボーナス・トラックとして、バンドの背骨である「リズムセクション」のことを取り上げたい。「リズムセクション」、音楽に興味のない方には耳馴染みのない言葉だろう。「バンドの中のリズム担当」くらいの意味で、定義は曖昧なのだが、一般的にはドラムスとベースのことを指す場合が多い。

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

2021年3月14日放送

第84回の企画「スメル歌謡祭」で私は、はっぴいえんど『12月の雨の日』の「雨」が、いつ、どこで降ったものなのかという謎を、丹念に検証した(正解「1969年11月30日夜、六本木通り西麻布近辺の雨」)。というわけで、今回のボーナス・トラックは「松本隆の『匂い』を嗅ぎまくる!」と題して、松本隆系スメルを嗅いでいきたい。

BS12おすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法