ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2018年09月07日放送 第23回「スージー鈴木の個人的BOOWYベストヒット」

第23回「スージー鈴木の個人的BOOWYベストヒット」

テレビ本編の「BOOWY特集」ではマキタスポーツ氏が中心に話されたので、ここでは、スージー鈴木の個人的視点から、BOOWYの名曲をご紹介したい。

 

■BOOWY『B・BLUE』

  • 作詞:氷室京介
  • 作曲:布袋寅泰
  • 編曲:布袋寅泰
  • 1986年9月29日発売

 

前シングルの『わがままジュリエット』(86年2月発売)は3.6万枚しか売れていないので、世間的にBOOWYは、この曲のヒット(13.7万枚)によって世に出たことになる。ということは、まず、この曲のイントロで、世間はBOOWYを知ったこととなる。

せっかちなイントロだ。「♪ドッ・タン・ドド・ターン」という、ドラムスだけのせわしないエイトビートが続き、最後の2小節で、「♪ギリギ・ギリギ~」という、かつて聴いたことがないようなギターサウンドが盛り上がる。

このドラムスだけのイントロというのが、80年代、けっこう新しかったのである。おそろく、a-ha《テイク・オン・ミー》やケニー・ロギンス《フットルース》あたりの影響下にあったのだろう。また、ドラムスが、パワフルな音圧で録音できるようになったことも、「ドラムスだけイントロ」の生成に影響しているはずだ。

1986年、「♪ドッ・タン・ドド・ターン」という、パワフルな音圧のドラムスとともに、BOOWYが世に出てきた。まさに新しい時代が、この「♪ドッ・タン・ドド・ターン」から始まろうとしていた。


 

■BOOWY『ONLY YOU』

  • 作詞:氷室京介
  • 作曲:布袋寅泰
  • 編曲:布袋寅泰
  • 1987年4月6日発売

 

『B・BLUE』に続くシングル。この曲でBOOWY人気は決定的なものになったと記憶する。

さて、私のPCには、89年、私が大学4年生として参加した、大学のゼミ合宿の映像が残っている(テープで録画したものを後にデジタル化)。その映像の中で、私のエアギターをバックに、私の友人がこの曲を歌っているのだが、その2人が、異常に乗っているのだ。

今から考えると、この曲には、そういう「当時の若者を、理屈抜きで乗らせる何か」が詰まっていると思う。強く叩き付けるタテノリのリズム、尖鋭的なギターの音、カノン進行、あからさまな転調……などなど。

それはすなわち、BOOWYという音楽集団の魅力そのものでもある。「超然と我が道を行く」という雰囲気をまといながら、実は「大衆の腰をどう動かすか」を、徹底的に、理詰めで計算していた研究集団――それがBOOWYの本質だったと思う。

89年、平成最初の夏、体重たった50kgのスージー少年が、テニスラケットをギターのように抱えて、大広間の畳の上、約1mの高さで跳躍したのは、BOOWYの研究結果のたまものだ。


 

 

HP限定ボーナス・トラック

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

第86回ボーナス・トラック:「Cのリズムセクション!」

2021年4月11日放送

第86回「バンドやろうよ2」のボーナス・トラックとして、バンドの背骨である「リズムセクション」のことを取り上げたい。「リズムセクション」、音楽に興味のない方には耳馴染みのない言葉だろう。「バンドの中のリズム担当」くらいの意味で、定義は曖昧なのだが、一般的にはドラムスとベースのことを指す場合が多い。

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

第84回ボーナス・トラック:「松本隆の「匂い」を嗅ぎまくる!」

2021年3月14日放送

第84回の企画「スメル歌謡祭」で私は、はっぴいえんど『12月の雨の日』の「雨」が、いつ、どこで降ったものなのかという謎を、丹念に検証した(正解「1969年11月30日夜、六本木通り西麻布近辺の雨」)。というわけで、今回のボーナス・トラックは「松本隆の『匂い』を嗅ぎまくる!」と題して、松本隆系スメルを嗅いでいきたい。

BS12おすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法