ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2019年12月8日放送 第54回「KOTOSHI NO OWARI特集」

第54回「バンドやろうよ特集」

今年もあとわずかということで、今年流行った曲を中心に最新の令和JPOPを特集します!BiSH、Official髭男dism、King Gnu、BAD HOP、眉村ちあき等々、マキタスポーツとスージー鈴木の二人が注目する最近のアーティストとは?若年層にも番組を知ってもらいたい・・・おじさんががんばって最新音楽を分析します!

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、外岡えりか

若年層にも見てもらいたい!

若年層にも見てもらいたい!
若年層にも見てもらいたい!

今日は若者にも番組を知ってもらうため、マキタ・スージーが2019年に気になった最新音楽を紹介します!

BiSH「DiSTANCE」

BiSH「DiSTANCE」

いまのアイドルソングでは、みな同じ振り付けで斉唱するスタイルが多い中、BiSHでは絶唱のようなソロがとても光っている。アイドルソングの新提案をするアーティストとして可能性を感じているスージーさん。

King Gnu「白日」

King Gnu「白日」
King Gnu「白日」

スージー鈴木が選ぶ2019年ナンバーワン候補。ボーカルの地声とオクターブ上のファルセットとのユニゾンが素晴らしい。「白日」と同様に息継ぎの少ない「わかれうた」を地声とファルセットで歌う「ミユキ・ヌー」を披露。

山本彩「イチリンソウ」

山本彩「イチリンソウ」

アコースティックギター雑誌の表紙を飾る程、実はギターへの意識が高い山本彩さん。こちらの曲は作詞・作曲もご自身によるもので、今後は実力派シンガーソングライターになっていくのではと予想。

Official髭男dism「宿命」

Official髭男dism「宿命」

2019にチャートを席巻した「ヒゲダン」。過剰な「がんばれ」「大丈夫」といったメッセージ性から距離感のある歌詞に共感。蔦谷好位置さんのアレンジも素晴らしい一曲。

C&K「パーティ☆キング」

C&K「パーティ☆キング」

米米CLUBや爆風スランプ、サザンオールスターズが持っていたエンターテインメント性を今に表現する、ジャンルレスで多彩なアーティスト。シリアスな曲も人々を楽しませるパーティソングも、どちらもこなせる実力を持っている。

折坂悠太「朝顔」

折坂悠太「朝顔」

凝ったギミックを必要としない、一声で空間を制することができる稀有なアーティスト。歌詞世界もお伽話のような独特な世界。数年後には星野源さんのような、国民的アーティストになっている可能性あり。

BAD HOP「Kawasaki Drift」

BAD HOP「Kawasaki Drift」

現代の横浜銀蝿、現代のゴールデン・カップスと呼ぶべき「令和の半グレポップ集団」。生い立ちや環境を赤裸々に歌詞にして、音楽でのし上がっていくという様がダイナミックでとても気持ちいい。

眉村ちあき「大丈夫」

眉村ちあき「大丈夫」
眉村ちあき「大丈夫」

令和の女性シンガーのテーマは「脱椎名林檎」ではないかと見立て、その先兵として眉村ちあきさんを紹介。音楽業界の枠組みや、他からの影響とは関係なくDIYで音楽を作ってしまう眉村さんの今後から目が離せません。

2019のまとめ

2019のまとめ

今年一番ブレイクしたのは、スージー鈴木かもしれません。

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法