ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2019年11月03日放送 第51回「世界の中心で、愛をさけぶおじさん」

第51回「世界の中心で、愛をさけぶおじさん」
第51回「世界の中心で、愛をさけぶおじさん」

これを聴くと愛が溢れちゃう!という本気のラブソングを、マキタスポーツ・スージー鈴木の音楽ずきおじさんがセレクト!ザ・ブルーハーツやクイーンが届けたラブソングを噛み締めます。またレコード針で有名な「ナガオカ」に企業訪問!社内にある、数百万するという超高級オーディオでアナログ音源で楽しみ、あまりの至福の体験に二人は…。

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、外岡えりか

音楽ずきおじさんの社会科見学!

音楽ずきおじさんの社会科見学!
音楽ずきおじさんの社会科見学!

今回は趣向を変えて、レコード針生産の老舗メーカー「ナガオカ」に会社訪問してみました!

社内にある高級オーディオルームに潜入!

社内にある高級オーディオルームに潜入!
社内にある高級オーディオルームに潜入!

「いい車が買えるくらい」というスピーカー・アンプ・プレーヤーを備えた高級オーディオルームにて、アナログレコードを堪能させて頂きました。

すごくいい音でレコードを聴いてみます

すごくいい音でレコードを聴いてみます
すごくいい音でレコードを聴いてみます

1人1枚までという条件でレコードを持参。スージーさんは福永恵規「風のInvitation」、マキタさんはダニー・ハサウェイのライブ盤を選曲。そしてナガオカ西さんによる、レコード盤で聴くおすすめ曲「ヘイ・ジュード」をものすごくクリアないい音で聴き、一同至福の瞬間を堪能しました。

今日の特集は、おじさんが選ぶ本気のラブソング

今日の特集は、おじさんが選ぶ本気のラブソング

マキタ・スージーがムズムズしながら、80年代を中心に青春時代を共にしたラブソングを選びます。

「リンダリンダ」THE BLUE HEARTS

「リンダリンダ」THE BLUE HEARTS

スージーさんの1曲目は超ど真ん中のこちらの曲。マキタスージーが「聖なる曲」と讃えるラブアンセム「リンダリンダ」にも「ソシャープ」入っています。

「星のラブレター」THE BOOM

「星のラブレター」THE BOOM
「星のラブレター」THE BOOM

マキタさんが当時編集していた「モテソングブック・カセットテープ」に入れていたこの曲。サビの「愛してます 好きにしてよ」というフレーズの意味を当時は理解ができなく、妙な響きとして聴いていた。

「一緒に暮らそう」松任谷由実

「一緒に暮らそう」松任谷由実

女性から「一緒に暮らそう」と発している歌詞は、1980年代当時ではまだ斬新な響きを持っていた。男女の恋愛観の変化を感じる一曲。

「Nothing’s Gonna Change My Love For You」Glenn Mederos

「Nothing’s Gonna Change My Love For You」Glenn Mederos

「モテたいソングブック・カセットテープ」に忍ばせ、カーステレオで聴いていたのが、このメロウな曲。デートの雰囲気を演出する、「使い勝手のよかったステキな洋楽」。

「UNDER PRESSURE」QUEEN & DAVID BOWIE

「UNDER PRESSURE」QUEEN & DAVID BOWIE

歌詞に何度も出てくる「LOVE, LOVE, LOVE,…」というフレーズ。「ボヘミアン・ラプソディー」鑑賞後に改めて聴くと、フレディの境遇や葛藤が歌詞の背後に感じられ、より深みを増す。

「Only You(唯一人)」ばちかぶり

「Only You(唯一人)」ばちかぶり

田口トモロヲさん率いる伝説的なパンクバンド・ばちかぶりによるラブソング。「君の子供 産んでみたい」という屈折した表現に中に、ストレートな愛を感じる一曲。

最後にいい音で聴きたかったレコード

いい音でどうしても聴きたくて、収録中にマネージャーに自宅に取りに帰ってもらった一枚。以前ライブ盤特集で紹介した桜田淳子さんのレコードで、10代とは思えない巧みな“客いじり”を堪能できます。

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法