ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2018年09月07日放送 第23回「BOØWY 特集」

今回は、一時代を築いた伝説のロックバンド・BOØWYを特集!BOØWYの曲が大衆の人気を獲得した理由は、湿り気のあるコード進行にあり!?
マキタスポーツが、BOØWYヒットの秘密を音楽理論に基づいて熱く解説します。ソのシャープ、ドラマティックマイナー進行、クリシェ・・・・番組でおなじみ胸キュン技法がたっぷり詰まっています。

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、河村唯

今回は、「BOØWY特集」!

BOØWYが多くの人の心を掴んだ理由…
それは「湿度」の高い楽曲にあり?

A面は、「マキタノート」で分析

今回の収録の為にBOØWYを聴きこんだマキタさん。
その綿密な分析内容をみっちり書き込んだ「マキタノート」を持参。

A面① IMAGE DOWN

途中に使われる「G#m7-5」という和音が、心をキュンとさせる正体。
渇いたロックサウンドから日本的な湿度を感じるロックに変化させている。

A面② DREAMIN

白鍵だけを使うメロディーに一度だけ効果的に使われる黒鍵の音、
ベース音で使われる「ソのシャープ」。
心をギュッと掴む技法が、実は緻密に仕掛けられている。

A面③ BAD FEELING

ドラムが表拍をたたいていることで、誰でも踊れる縦ノリ曲に!
日本人が乗りやすいこのリズムによって、BOØWYの曲は日本全国の若者に浸透したのでは。

B面① NO.NEW YORK

マキタさんのBOØWY愛が爆発。
当時のNYのアングラな音楽シーンを、大衆的なメロディーに仕立ててBOØWYが「解釈」した曲。

B面② BABY ACTION

この曲では、日本人が大好きな技法「クリシェ」が使われている。
サビで半音ずつ下がっていくクリシェが使われることによって、メロディーの切なさ効果が増幅。

B面③ CLOUDY HEART

クリシェの二段重ね、ドラマティックマイナー進行など泣きのメロディーを生む技法がてんこ盛り。
「湿度」だらけのの曲。
日本人が好きな技法が楽曲に盛り込まれていることで、 BOØWYは大衆性を獲得した。

今日のまとめ

マキタさんによるBOØWY論、いかがでしたか?
「B・BLUE」「ONLY YOU」は惜しくも入らず。
(「スージー鈴木のボーナストラック」にて解説しております)

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法