ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2018年07月06日放送 第19回「ワン・ヒット・ワンダー特集」

今回は「ワン・ヒット・ワンダー特集」。マキタスポーツと音楽評論家のスージー鈴木が、80年代にヒットをしたものの、今は残念ながら埋もれてしまっている80年代の隠れた名曲を発掘していきます。
今の時代でもスタンダートナンバーとしてカバーしてほしい、ある女性シンガーによる名バラードや、80年代の軽佻浮薄なメロディーを代表する懐かしのカセットテープCMソングなど...40代以上であれば「ああ、あった!あった!」と思わず声に出してしまう、音楽好きおじさんが太鼓判を押す名曲の数々に再会できます。

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、河村唯、松尾英里子

他番組のスタジオを間借り!

BS12トゥエルビの土曜ひる1時から放送「マーケット・アナライズ」のセットにて収録。
同番組のキャスター松尾アナも登場!

今回は「ワンヒットワンダー特集」

一曲で強烈な印象を刻んだ名曲をマキタ&スージーが掘り起こし。

スージー選①「想い出がいっぱい」H2O

サビの「ミファミレド」は、エモさを掻き立てる魔法のメロディー。
古今東西さまざまな名曲に「ミファミレド」は使われています。

マキタ選①「白いページの中に」柴田まゆみ

この1曲だけをリリースし、活動休止した柴田まゆみさん。
「白いページの中に」は、詩情あふれる、水彩画のような美しい曲。

スージー選②「オーバーナイト・サクセス」テリー・デザリオ

“80年代っぽいコード”SUS4がさく裂するイントロ。
カセットテープCMソングとなった、和製洋楽。

マキタ選②「男と女」サンタクララ

歌謡曲=お茶の間にファンクなリズムを届けようとした一曲。
ファンクなAメロから、宮史郎っぽいBメロに変わるちぐはぐさも魅力。

スージー選③「シャイニン・オン 君が哀しい」ルック

80年代中盤を代表するワンヒットワンダーな名曲。
鈴木トオルさんのハイトーンの伸びが素晴らしい。

マキタ選③「テル・ミー」小柴大造&エレファント

1980年5枚同時リリースのなかの1枚。
それまでの邦楽にはあまりなかった「乾いた風」を感じる、ロックのサウンドとキャッチーさ。

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

音楽番組(演歌・歌謡)一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法