ジャンル別番組一覧

ザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアルザ・カセットテープ・ミュージックメインビジュアル

2018年01月05日放送 第7回「新春・佐野元春スペシャル」

今夜は「佐野元春特集」をお届け!独自の歌詞世界、ラップなど新たな音楽ジャンルをいち早く取り入れた80年代佐野元春ワールドにマキタスポーツ&スージー鈴木が迫る!

【出演】マキタスポーツ、スージー鈴木、倉田瑠夏

ひょんなことから「元アイドリング!!!」倉田さん出演

夕刊フジさんに番組記事が掲載され、横に載っていたよしみで倉田さんをキャスティング。

あだ名が進化

倉田さんのニックネーム「るかぴーや」にちなみ、 マキピーヤとすじぴーやの二人でお送りします。

佐野元春A面・①
「アンジェリーナ」

マキタさんが大好きな佐野元春の名曲を選曲。
まずは、イントロ、16ビートのリズム、譜割り、歌詞、 全てが斬新な耳ごこちだった、この一曲。

佐野元春A面・②
「COMPLICATION SHAKEDOWN」

佐野さんがNY帰りに発売したアルバム「VISITORS」からの 一曲。当時のマキタ少年は、HIPHOP的手法をいち早く取り入れたメロディーに戸惑った。

佐野元春A面・③
「Rock&Roll Night」

「やるせなさ感」溢れる歌詞に注目。
佐野さんの「翻訳能力」「エディター能力」に唸る。

佐野元春B面・①
「スターダスト・キッス」

オールドスクールなロックに新解釈を加えたような一曲。
Eストリート・バンドのようなサックスにも注目。

佐野元春B面・②
「Individualists」

同時代イギリスで活躍したスタイル・カウンシルの影響か。
マキタ青年もポール・ウェラーに憧れて、トレンチコートで チャリに乗っていた山梨時代。

佐野元春B面・③「NIGHT LIFE」

この曲を聴くと、中学生当時の思いがよみがえって、 また涙ぐんでしまうマキタさん。
時々わからない歌詞も あるけれど、中学生当時の「あるある」と重なり、 思いが込み上がる名曲。

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

ページTOP

視聴方法