ジャンル別番組一覧

韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル

第44話

ポジャン王の甥コ・アンスンが、新羅の後見を得て漢城で新生高句麗国の建国を宣言した。

国政を担う大莫離支にコム・モジャムが就き、陛下に仕え一般行政を行う国司にはテ・ジュンサンがなった。

テ・ジョヨンは兵部大臣として軍務、国防を統括し、コルサビウ、コクスドルは左右の上将軍に就任してテ・ジョヨンの補佐役にまわった。

この建国が独立国として脆弱であることを知っているテ・ジョヨンは、コルサビウ、コクスドルに三人が義兄弟の契りを結び、いつまでも高句麗を守っていくことを誓うことを提案、それぞれが掌を切りその血を酒に混ぜ、すすりあった。

テ・ジョヨンはまた、チョリンとは生涯を共にすることを誓いあっていたが、チョリンは皆に発表するのはまだ怖いと言う。

しかし、テ・ジョヨンの傍らには軍装のチョリンが必ず寄り添っていた。

一方、チョリンの行方が気がかりなイ・へゴは、チョリンがテ・ジョヨンと一緒にいるという報告を受け、ソ・リンギに働きかけて、軍事同盟を結ぶと称してテ・ジョヨンを唐と手を結んでいる新羅に呼び寄せた。

コルサビウ、コクスドル、チョリンと共に新羅に着いたテ・ジョヨンはたちまち軟禁され、新羅のムンム王の前に通された。
ムンム王もまた、朝鮮半島に触手を伸ばす唐に服従するつもりはなかった。


そのムンム王の目を見据えたテ・ジョヨンは、新羅の本当の王に会いたいと叫んだ。



Licensed by KBS Media Ltd.?2007 KBS All rights reserved.

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

韓国・韓流ドラマ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法