ジャンル別番組一覧

韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル

第37話

騒ぎを聞きつけてお出ましになったポジャン王に、テ・ジョヨンは、プ・ギウォンが約束した降伏の条件は偽りであること、ヨン・ナムセンが自分を助け教えてくれたことを話す。

テ・ジョヨンの言を信じるか、プ・ギウォンの降伏の条件を飲むべきか悩む王。しかし、唐はかつて一度たりとも高句麗との約束を守ったことはない。

王はテ・ジョヨンの言うことを信じ、プ・ギウォンを自宅に軟禁した。

プ・ギウォンは今や大莫離支になったヨン・ナムゴンの策士シン・ソンに全権を委ねて、シン・ソンの弟でヨン・ナムサンの策士シン・ホンと唐軍を迎え入れる作戦を練った。

シン・ホンは、地形の険しい南門を開け唐軍を入れ、唐と連合する新羅軍を北門から入れるよう、指示した。南門の前で待つイ・ヘゴ、チョリン、契丹族兵士。合図の火矢を放つイ・ヘゴ。

プ・ギウォン配下が南門を開け奇襲が始まる。と同時に、正面からも唐の総攻撃が始まった。歓迎の意を表した文官大臣たちも約束を反故にされ、逆らう者は容赦なく殺された。たちまちのうちに平壌城は火の海と化した。

ポジャン王は皇宮に残り、大莫離支ヨン・ナムゴンは自決を図った。西暦 668 年9月、こうして 1000年の歴史を誇った高句麗は滅亡した。

テ・ジョヨン、スジョン、コルサビウら逃げ延びた者たちは、涙ながらに再起を誓うのだった。



Licensed by KBS Media Ltd.?2007 KBS All rights reserved.

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

お知らせ

韓国・韓流ドラマ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法