ジャンル別番組一覧

韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル韓国ドラマ「大祚榮 -テジョヨン-」メインビジュアル

第36話

王、文官、将軍、民が見守る祭事で、神女が、高句麗が滅亡するという予言をして倒れる。

ヨン・ナムセンの参謀シン・ホンが裏で手を回して、神女にそう言わせたのであった。

高句麗が滅亡するという噂が広がる。王に進言し、プ・ギウォンが唐に和平の大使として行くことになった。

プ・ギウォンを信じられないテ・ジョヨンは、監視のため同行した。唐陣営に着いたプ・ギウォンは、降伏なら許すが、和平は受け入れられないと宣される。

降伏の条件は、王という称号を使わず、高句麗は唐の属国になる、亡くなった前王に謝罪することだった。それを聞いたテ・ジョヨンは、敵国の王になぜ謝罪をするのかと叫び、投獄される。

降伏を承服したプ・ギウォンは 3 日の猶予をもらい帰国した。ヨン・ナムセン将軍は、唐の将軍達がプ・ギウォンの条件を無視して、平壌城の門が開いたら、全滅させると言うのを聞いた。

牢獄からテ・ジョヨンを助け出すヨン・ナムセン。平壌城の門を絶対に開けてはいけない。唐は平壌城に火をつけて、略奪しようとしている。最後まで戦うことが平壌城を守れる唯一の方法だ。

帰って、降伏を防げとヨン・ナムセンはテ・ジョヨンを送り出す。王宮に向かうテ・ジョヨン一行。テ・ジョヨンは王宮から出てきたプ・ギウォンに剣を向けた。

敵に騙され、この高句麗を滅亡させる者は、絶対に許さない、首を出せとプ・ギウォンに言い放つテ・ジョヨンであった。



Licensed by KBS Media Ltd.?2007 KBS All rights reserved.

放送ラインアップ

BS12 特選情報

あなたへのおすすめ番組

韓国・韓流ドラマ一覧へ戻る

ページTOP

視聴方法